10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほめほめ攻撃

昨日はPTA総会と教職員の歓送迎会。仕事を抜け出して参加した。

今年度は広報委員をやることになっている。学校の広報誌を作るアレ。
委員は学年1人ずつの6人だけだけど、プロ級のカメラの腕前を持つ方が委員長で、写真がらみの心配はなく心強い。その方はイラストレーターもインデザインも使いこなせるのでデータ入稿もばっちりだ。昨年度の委員長さんも3年間委員長を務めた方で、こちらもデザインが本業の方で誌面レイアウトも何もすべてお任せ状態で、他の委員はもっぱら原稿集めと外部に送付する際の封入作業程度だったとか。原稿集めにしたって、今はメールでテキスト送ってもらうだけだからねぇ…。

そんなわけで、今年度の広報委員会の目標は「とにかく集まらないで済ませる」。わーい。

ひっかかるといえば、まぁ、来年もし今の委員長さんが抜けたらそれに替わる人材確保が難しいけど大丈夫かなぁ、ってところかなぁ。来年度の人が大変そう。でも、昨年度までの委員長さんの抜けた穴も、こうして次の人材がちゃんといてことなきを得たのだから、またそれなりに収まっていくもんなのかな。




歓送迎会では、ほぼ学年ごとに固まって座席が決まっていたのだけど、娘の担任は隣のテーブルで、私の隣には隣のクラスの担任の先生がいらした。本当は娘の担任とお話ししたかったけど、その隣の先生の周囲の3年生の保護者が私しかいなかったので(その先生が嫌われているとかじゃなくて、席の関係で)、終始その相手をすることになった。

名前を告げると「ああ、今日算数で僕のグループでしたよ」と。(算数は少人数グループ指導制なので、必ずしも担任教諭にはならない)。「算数が苦手みたいで」と言うと「そうですか?できてましたけど」と言われたので「うーん、でもよく、できないわかんない、算数苦手、って言ってるんですよね。自己評価が低いほうではあるんですけど」と答えたところ、「自己評価が低いんですかー。じゃあもっとほめてあげないといけないですねぇ」と返された。最後の言葉が「お母さんがもっとほめてあげないといけないですよ」の意味なのか、「僕も今後は気をつけてほめるようにしないといけないですね」なのかわからなかったが、一応自省を込めて母親に対する苦言と受け止めておこう。

娘には「○○先生に算数が苦手なんですって言ったら、よくできてますよって言われたよ」と伝えた。娘は「ええー、全然ダメなのに」と言っていたけれど、「そうそう、そうやって、できないできないって言ってるんですけどって言ったら、そんなことないですよ、よくできてるから、もっとたくさんほめてあげないといけないですね、って言われた」と言うと、嬉しそうにしていた。一見コワモテの男の先生からそう言われたと聞いて、余計、意外でもあり、嬉しかったようだ。

お母さんへの苦言、を思い出して「りんちゃんね、1年生の時のY先生にも、2年のS先生にも、いつも真面目だし係の仕事もきちんとしているし、お勉強もがんばってよくできてます、って言われていたんだよ。誰からもお勉強できないって言われたことないよ」と言うと、「そうかなぁ、いつも間違えてばっかりだよ。授業中も手を挙げないし、ウチはできない子なんだけど」と首をかしげながらも、顔はニコニコしていた。

たしかに100点前提のような学校のテストでも間違えていることが多いし、コラショの回答を見ても信じられないような間違いも結構していて、「できる子」とは到底言えないのだが、そのへんは今日はこらえて、「できるできる」とおだててみた。

そのせいなのかなんなのか、布団に入ってからも興奮冷めやらず(上記の会話はパジャマに着替えている時のこと)、上機嫌で「寝ちゃうのつまんないなー」と言ったり、歌ったり、はしゃぎまくっていた。たまにほめられたからって興奮しすぎ。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。