08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーッと力(りょく)

例の宿題の件。
結果はどうなったかと言うと、ちゃんと提出して受け取ってもらえたのだが、それとは別に、全員に改めて再度同じプリントが配布され、娘には先生が「悪いけど、もう一回やってきてね」と言いながら渡してきたのだそうだ。

ナヌーッ!! センセイ、ヒドイヨヒドイヨー

で、ま、そこは大人としては、1人だけ別の扱いにするとまた取り違えがあったりして煩わしいのかもしれないし、同じプリントを2回やることの学習効果がないわけではないので、納得することにした。娘には「2回目だから、前より簡単にできるよ。みんなの倍も勉強して、よくわかるようになってよかった、って考えよう」と言い聞かせた。

だからそれはいいとして、ただ娘が2回目のプリントを渡された時、級友Aくんは「ええー、かわいそう!!」と言い、同時にBちゃんは「だーから土曜日に取りになんか行くからだよ~」と嘲笑したのだそうだ。

Bちゃんは娘とは仲が良いので、本当に嘲笑したというよりはちょっとしたツッコミのつもりで言ったのだろうけど、娘はそれなりに傷ついている様子だった。その子は以前、何人かでごっこ遊びをしようという時に、娘に対して娘が望んでいない犬役をやれと言い、娘は拒否してごっこ遊びに参加せずに黙って見ていたら、「なにボーッとしてるの。あ、そっか、りんたろっていっつもボーっとしてるから、ボーッとした犬なんだね、アハハ」とバカにしたりとか、まぁそんな感じで元から言動がキツいタイプではある。バカだブスだ的なモロな悪口を言うわけじゃないし、仲間はずれにするのでもない。もし娘のことが嫌いなのか?いじめたいのか?と聞けば、「えっ、なんでー? 親友だよっ」と本気で答えるような気もする。

娘はどうなのかなぁ、そういうの。どこまで理解していて、我慢していて、それでも楽しいと思っているのかなぁ。

で、娘に聞いてみた。
「そういうことを言うBちゃんってどーよ。好きなの、嫌いなの」

娘「んー、プリントの時のはすっごい嫌だったけど、他は好き。時々命令みたいなことを言うのも嫌だけど、私もそういう命令は聞かないことにしてるから別にいい。学童で一緒に遊ぶのはすごく楽しい。私が好きじゃない遊びをする時は、1人で『ちゃお』読んでるからいいんだ」

前にも同じような会話をしたような気がするが、相変わらずマイペースというかなんというか。

まー、本人は私が気にするほど気にしていないのかしもれない。

「ボーっとした犬」呼ばわりの時にも、娘より私のほうがムカムカした。しかし、よく考えてみると、私も他人から「ボーっとしてる」としょっちゅう言われていた子どもで、実際ボーッとしていたので反論もせずに過ごしてきた。ちょうど今の娘のように。
私がどのぐらいボーッとしていたかと言うと、窓際の席になると、1時間ごとに机に印をつけて過ごしていたとか。何の印って、「日の射すところと影になるところの境目」。しかも、これやっていたのって中学生の時だ。

ってわけで、娘がボーッとしているのは事実だし、そういう私の遺伝子を受け継いだせいだから仕方ないね。うん。
うまく行けば、私のよーにストレス耐性が高いタイプになれるかもしれないんで、このままボーッと、打たれ強く行きましょう。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。