10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家凸

テンション下がりっぱなし。何もする気がしない。
「鬱だよ鬱。私も鬱。何もする気が起きない。だから今後は食わせてくれ。同情するなら金をくれ」と夫に言うと、悲しい目をしてうつむくばかり。

てな話を母親に言ったら「またあんたはそうやっていじめて! もう少し優しくしなさい」と怒られた。そんなのズルイズルイ。私が鋼鉄のような神経を持って生まれたのは私のせいじゃないよママン!! どっちかというとそっちのせいだよママン!!

別件で娘関連でも落ち気味。
特にこれという具体的な事件はないのだけれど、相変わらず人生受け身で向上心のない娘にイライラする場面が最近多くて、いやもう、こうして書いている今は娘は娘なりにがんばってる、1ナノ単位かもしれないけど進んでるとはわかっているのさ、わかっているけど、なんかもう。

そんなときに、その娘についても、親は、学校や習い事とかのストレスから視力が低下するという新聞のコラムを私に教えてきて、ああそうかよ、夫のビョーキも娘の視力も私の圧力のせいかよ、っていうか、だからそういう母性に乏しい娘に育てたのはそっちだってばママン!

こんな感じで、私のストレスをすべて親のせいにしてみるも、残念ながら、アタイ、結構愛されて育てられた自覚があるので、流行のアダルトチャイルドにもなれやしない。

しかし、ストレスはMAX。アルコールに逃げることにした。でも自分のお金は減らしたくないんで、やつあたりがてら、実家に「酒飲ませろー」と凸撃。連れて行った娘は娘で「寿司食わせろー」とかまし、両親は黙って寿司をとり、酒を出してくれた。よし、娘の育て方を誤った件はこれでチャラにしてやろう。

それが土曜日。そのまま実家に泊まって、翌日の夜は、以前よくお邪魔していたカルカッタカフェのじょーさんが今いる「居酒屋和ちゃん」にGO! 父がじょーさんにからむからむ。黙っててくれよ。飲み残したボトルは父の名前でキープしてるし。私のいない時にも行く気まんまんだよ。「行ってもいいけど、余計なこと言わないでよ!!」と釘をさす。

ま、こんな感じの、ヤケクソな週末でした。
スポンサーサイト

鬱だ、やけくそだと言いながら、ご実家でおいしいものをご馳走になっているCakeさんが、ちょっぴり羨ましいかも~。お酒もいける口なのが羨ましい!!

お母様、「またあんたはそうやっていじめて! もう少し優しくしなさい」なんておっしゃるの?凄いなぁ~。ご主人に対して、Cakeさんのご実家が好意的に接していらっしゃるわけですね。

うちじゃ、実家での夫の扱いは、完全に「娘を泣かせる酷い男」なので、夫が一緒に来て食事するのも嫌がります。今じゃ、病気がどうの・・・とか、考慮なしですね。
それに比べて、Cakeさんのご実家は、温かいな~と。

娘ちゃん関係の事は、詳しい事わかりませんが、子どもは、大人と違って、その子なりにちゃんと成長するから、心配しなくて大丈夫ですよ~。

Cakeさんのご実家に温かく見守ってもらえているご主人は、幸せ者ですね~。

フランさん

>実家での夫の扱いは、完全に「娘を泣かせる酷い男」
うちもそうですよ(笑)。ただ、私があまりの鬼嫁っぷりにかばわざるを得ない時があるようですねぇ。「ダンナも情けないが、そりゃ病みたくもなるんだろうな、この子、親から見てもキツイもん」と思っているところがあるというか。

あと、娘が父親(夫)をすごくフォローするので、孫可愛さに孫に追従している面もありそうです。「昨日はお母さんがお仕事で遅かったからお父さんがごはん作ってくれたんだよ、美味しかった」とか言われたら、「お父さん優しいね、よかったね。」と言うしかないといいますか…。「まぁなんやかんや文句は言いたいけど、あんなんでも孫にとっては父親なのね。あんたが怒るとあのダンナより先に孫ちゃんが傷つくんでしょうから、あまりキツイこと言わないであげなさい」ってところだと思います。
温かく…というより、あきらめモードに近いですね。

お酒も行ける口なのは、素直にありがたいです(←そこだけかよ?!)
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。