10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺激と安寧

日曜日は学校のイベントだった。地元のお年寄りを中心とした先生を招いて、昔の遊びや伝統文化を教わって楽しむ、というもの。各教室で和太鼓や日舞、お花、お茶、着付け、わらから縄をなう「なわない」等、体育館ではけん玉、お手玉、竹馬…等々。こどもたちは適当にグループを作って好きなようにまわるらしい。

毎年あるのだが、去年はフラの発表会と重なって欠席したから、娘は初参加。
朝は「つまらなさそう」と不満顔だったが、帰ってきたら「すっごく楽しかった~」と笑顔だった。

お琴で「さくらさくら」を弾いたと聞き、話ついでにYouTubeでお琴演奏を見たり。プロの「六段」を見て感心していた。さらについでにインドネシアのガムラン演奏も視聴。バリ舞踊の目の動きにウケていた。イベントでは雅楽演奏も聴いたという。いいなぁ。

一番楽しかったのは?と尋ねると「Kちゃんとやった羽根つき!!」と答えた。Kちゃんは隣のクラスの子なんだが、最近やけに仲が良い。Kちゃんのお母さんとは一緒に学童クラブの役員をやっており、学童行事の打ち合わせを兼ねて役員親子で食事に行ったりしているうちに急速に親密になったようだ。Kちゃんはアメリカからの帰国子女ということもあり、勝ち気とは違う意味で「我が道」タイプ。そのせいで何かの瞬間に友達同士の中で浮いてしまうらしく、誰とでもつきあえる一方で、特定の仲良しさんはなかなかできずにいたみたいだが、ここにきて娘とウマがあうことに気がついたというか。娘は娘で来る者拒まず去る者追わずで、なんたって休み時間は1人で教室で本を読んでいるような人なので、同様に「我が道」タイプで、つきあいがラクらしい。

イベントの時に一緒にまわるのは同じクラスの仲良しSちゃんだと聞いていたので、なんでKちゃんと羽根つきしたんだろうと思ったら、その前に「お茶」体験をしていて、その際にSちゃんとは席が離ればなれになってしまったそうだ。Sちゃんは自分の隣に座った別の子と盛り上がり、「じゃあここからは私はこの子と回るから、りんちゃんはKちゃんと行きなよ」と言ってきて、娘はたまたま隣にいたKちゃんと顔を見合わせ、別にいいよー、ってことになり、それ以降はKちゃんとまわったそうだ。なんかそれ、Sちゃん失礼じゃないか?…と思ったけど、娘本人は「Sちゃんとまわるのも楽しかったけど、Kちゃんとのほうが好きなようにできてもっと楽しかったからよかった」とのことだった。一緒にいて刺激的な友達と、落ち着く友達、どちらもいていいか。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。