10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨夜の品定め

昨日は台風のため、「5時間目なくした、給食食べたら帰すね」というメールが学校から来た。
そんなこと言われても。と思っていたら、学童クラブはやっているとのことで、結局いつも通りの時間に帰宅。

夏休みの宿題だった自由研究の工作。
若干かさばるものを雨の中持って行ったので、無事に持って行けたかどうかを聞くと、案の定、一部外れてしまったらしい。紙粘土工作なんだけれど、それの看板の文字の一部と、同じく看板に飾り付けた貝殻が。

ボンドでくっつくから、明日ボンド持って行って直しなよ、と言うと、既に直したという。
「Yくんがボンド持ってて、一緒に直してくれた」だって。優しいじゃん、Yくん。
Yくん、ハンサムだし、賢いし、スポーツ万能だし、面白いし、社長令息だし、パンツ(下着)までバーバリーで揃えているし、その上女性に優しく、器用でマメだなんて。好きになってもいいですか。

と、母は思うのだが、だがしかし、娘の思い人は、ずーーっと変わらずNくんなのだ。
昨日の夜は、いかにNくんが素敵な人なのかを語っていた。

なぜNくん語りが始まったかというと、夫が来月(再来月だったかしら)、作業所の旅行に参加するという話をしていて、その行き先が偶然夏に家族で行った館山だという話から。

「いいねー、お父さん、また館山行くんだって。私たちを置いて」と言ったら、娘が「えー、誰と行くの。あっ、わかった、お父さん、お母さんのほかに好きな女の人ができて、その人と行くんでしょう?」と言い出した。
「ええっ、違うよ、会社の人だよ」と本気で焦る夫。誰も本気で言ってねーよ。
「そうなんだぁ、他の女の人と行くんだぁ」と私。「そうなんだよ、ひどいね~」と娘。
「誰も話を聞いてくれない!!」とか言ってる夫を無視して「そしたら、お母さんも違う男の人と旅行に行こうっと。櫻井翔くんみたいな人と」と夢のような話をしていたら、娘も「櫻井翔くんが、結婚してくださいって言ったらどーする?」と言うので、「するする、すぐする。りんちゃんも櫻井くんがお父さんのほうがいいでしょ」と返すと「ん~、りんちゃんはね、お父さんじゃなくて、お兄さんになってください、って言う」。

…そうですか、櫻井くんはいくらなんでもパパじゃないですか。っていうか、私の相手としてどーよ、ってことですか。そりゃそうですね。

「じゃあさ、櫻井くんがりんちゃんと結婚したいって言ったらどーする」と聞いてみた。
「えー。ちょっとさ。背の高さが合わないし、年上すぎるからダメ」
「あんたと年が釣り合うって…じゃあ、まえだまえだとか」
「えー。きっと兄弟でばっかりしゃべってて、私と話してくれなさそうだからイヤ」
「顔の問題じゃないのか(失礼な)。じゃあ誰ならいいの」
「だから、決まってるじゃん、Nくんだよ」

こんな流れで、Nくん話。

ハイハイ、ごちそうさまでした。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。