10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は私でよかった。

今年は8/31から学校。
前期・後期の2期制なので、始業式等はなく、いきなり普通に5時間授業。給食も放課後教室もその日からスタート。

というわけで、夏休みの学童も今日が最終日で、お弁当も最後。
娘の好物ばかりを入れてみた。まぁ娘の好物ってウインナーやらブロッコリーやらなので、基本、いつもと変わらないんだけどさ。


娘は最近自分の地味さに自覚ができたようで、時々「Aちゃんになりたいなぁ。Aちゃんはピアノがすっごく上手だから」「Sちゃんになりたいなぁ。Sちゃんは水泳でもう3級なんだよ」といったことを言う。

大抵は「そうだねー すごいよねー ああなれるといいねー あなたもがんばればできるようになるからがんばろーねー」と応える。

娘は、その時によって、「うん、がんばる!」と言ったり、「無理だよ…」と言ったり。

昨日の朝もそんな会話をした。その時は「無理だよ」バージョンの返事だった。
それから電車に乗って、それぞれ学校と会社に向かった。

そして、その帰り道。ホームで電車が来るのを待っていたとき。
私は娘に、「あ、そうそう、今朝こんな話したよね」と話しかけてみた。「それでね、その時に言うの忘れていたんだけど、あのね、お母さんは、りんちゃんががんばって、AちゃんやSちゃんみたいにピアノが上手になったり泳げるようになったら、それはそれで素晴らしいと思うけれど、それは、りんちゃんにAちゃんやSちゃんみたいになってほしいってことではないの。もしがんばっても、AちゃんやSちゃんのようにできなかったとしても、お母さんは、りんちゃんが一番好きだからね」。

娘はにっこり笑って「あのねぇ、私も今そんなことを考えてた。AちゃんもSちゃんも好きだし、すごいと思うけど、やっぱりりんたろはりんたろで良かったなって思ってんの」。

そう思ってもらえるのなら、親冥利に尽きるというものです。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。