10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お悩み相談

昨日の日記と関連しているような、してないような。

私は、自分が果たせなかったこと、できなくて嫌な思いをしたこと、を、娘に背負わせるのは、できるだけ避けようと思っている。

自分がピアノを中途半端なまま終わらせてしまったから、娘には。
自分が運動音痴だったから、娘には、得意とまでは行かなくても、「運動会は雨が降れ」と念じ続ける子どもにはなってほしくないとか。

そういう自分の心残りを娘に投影するのはやめようと。

そう思ってはいるけれど、まあそりゃ、何かやらせようと思うきっかけってのは、大概自分のトラウマに基づいてしまうもので、それ自体は仕方ないかな、と。

ただ、もし娘が今月でピアノを辞めたいと言い出しても、このままずっと逆上がりができないままでも、それを自分の過去と重ねて先回りして悲観したり、逆に私の轍を踏むことなく、うまいことできるようになったからといって、イコール「自分」の価値さえも上がったように思ってしまったり…、そういう風にはならないようにと、意識している。

娘の失敗は娘のもの。娘の成功は娘のもの。
そこから引き起こされる後悔も賞賛も悲しみも喜びも、彼女のもの。

------------------------------------------------------

娘には、いま悩みがふたつあるのだそうだ。
突然そんなことを言い出したので緊張した。

「ひとつは、ランドセルを背負ったりおろしたりするときに、髪の毛がいつもひっかかって、イタッてなるの。いっつもそうなるからイヤなんだけど、どうしたらいいのかわかんないのが悩み」

「もうひとつはね、そうやって、抜けちゃったと思う髪の毛がね、ランドセルを見ても、どこにもついてなくて、なくなっちゃうのが悩み」

それは大変ですね。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。