08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許してやらんこともないのに

数日前。
社長と意見が合わず、ケンカ寸前になった。
退社時刻が迫っていたこともあり、これはいかんと思って敵前逃亡を企て、上司に丸投げしたら、上司と社長がケンカにしたようだ。知ーらないっと。

まぁそんなこんなで不機嫌な状態で娘をピックアップした。
自分の不機嫌さにかまけていて、娘が半べそかいているのに気づくのに時間がかかった。








理由を聞いたら友人トラブル。学童である1人の子を娘を含む3人で疎遠にしたようだ。その子はちょっとばかり言葉などが荒く気が強く、ボス的存在。いつもやられている側が反乱した形だ。
でも娘以外の2人は早々に謝って、相手もすぐにその謝罪を受け入れた。
ところが最後に娘が謝ったところ、「りんちゃんは明日も謝れ。明後日も、月曜日も謝れ」と強要された。
「だから明日も謝らなくちゃいけないの。今日も3回ぐらい謝ったのに、私だけ許してもらえない。ずっと遊んでもらえないから、今日はひとりで本を読んでた」とのこと。

ふぅん。それはいやな目に遭ったね。まぁ謝ればうまく行くと思うならそうすればいいんじゃないの。
でも明日も明後日も謝れって言ってるんでしょう。今日だけでも3回謝っても許してくれないってことは、これからもずぅっと謝らなくちゃいけないかもしれないねぇ。そんなのはいやだと思うなら謝らなければいいんじゃない?

「でも私は、お友達は大切にしたいから、そうしろって言われたら言うとおりにするしかないもん」

それは大切にするのとは違う。間違ったことをしていたら間違ってるって言うのが友達だよ。あなたは家来でも召使でもないんだから、言いなりにならなくていい。

でもでも…と言いながら、結論が出せずに帰宅。

で、社長がらみのストレスでビールをガ~ッとあおった私は、会社のイライラを最大限に増幅させた勢いで、娘に言うのだった。

あのさー、あんたさー、そんなね、友達にイヤな思いをさせるような子は本当の友達じゃないから。もっと優しい子いくらでもいるから。あんたさ、だいたい誰とでも仲良くなれるじゃん?
AちゃんもBちゃんも仲良くしてるじゃん?そっちと遊べばいいやん。

(ここで娘から、でも前にも険悪になった時に、いつもと違うグループの子たちと遊んだら、「りんちゃんはこっちの仲間でしょ!!」と怒られたのだ、と申告あり)

かーっ。いらんいらん。そんなつまらん仲間はいらん。自分が仲間はずれにしといて、他の子と遊んだら怒るって。なんだそれは。
明日さー、また謝れって言われたら、「もう謝ったから今日は謝らない。それなら遊ばないってんなら結構だ! あんたなんかこっちから願い下げだ!!」って言ってやれ。
それでもガタガタ言うならな、もう相手にすんな。他の子とも遊べないなら、それでもいいやんか。
そんなんでイヤな思いするんだったら、1人で本読んでるほうがなんぼかマシじゃ。音楽室の
ピアノだって、弾きたいのに、その子がいると使わせてくれないって言ってたじゃない。そういう時に弾けばいいやん。1人だっていくらでも楽しいことあるよ。
それで、そうやって毅然としてたらな、ぜったい向こうからまた寄ってくるから、それまで我慢しとき。
ただ、その時に向こうがちゃんと謝ったり、優しい気持ちで来てくれたら、その時には、もうごちゃごちゃ言わないで、にっこり笑っていいよって言って、普通に遊びな。わかったか!

娘は私に気おされたのか、母とその子、どちらが怖いかを天秤にかけていたのか、押し黙っていた。


で、今日。
娘のほうからその話が出た。

「今日ね、学校の休み時間の時に、あっちから謝ってくれた。りんちゃんだけ許さないって言ってごめんね、って。でね、私もごめんね、って言おうかどうか考えたんだけど、昨日三回も謝ったからいいかなぁと思って、うん、いいよ、ってだけ言って、遊んだよ」

そっかー、それはよかったねぇ、きっとあの子も、昨日、いっぱい考えたんだと思うよ。
りんちゃんにあんなこと言って、嫌われたかもしれない、どうしようってドキドキしたんじゃないかな。
それで、今日会ったら謝ろうって決心して来たんだね。

というわけで、娘の友人トラブルは、酔っ払いの私の想定よりも、はるかに単純に(ピュア~に、と言うべきか)解決を見た。

しかしながら、私のほうの仕事トラブルはちっとも解決していない。
向こうが謝れば、うんいいよ、って許してやらないこともないのに。小学生以下だな、社長めが。





スポンサーサイト

相手が素直な子でよかった。
子供の頃のいさかいって、今思うと何であんな事ぐらいでもめたりクヨクヨしたのかって思うよねぇ。

大人になってひねると、世俗の垢まみれになって、素直さが欠落するんだね。もともとない人もいるけど(笑)

とても素敵なエピソードですね。
りんちゃんとそのお友達、そしてけーくさんにありがとう。

私は、自分は悪くないって自信持ってる時の方が簡単に謝ってしまうという悪癖があります。
言うだけならタダ!!と開き直って「ごめんなさい」の大安売りです。

>みかんさん
「もう一度無邪気な子供の頃に戻りたい!」
って言う人もいるけど私はいやだわ。
「あんな事ぐらい」で一喜一憂しなくちゃいけないんだもの。
垢まみれのほうが楽しい。うん。

>飴屋さん
いやいや、単なる子供のケンカですから…(笑)<素敵エピ

自分に自信がある時のほうが謝れる。
言われてみれば、「絶対悪くないのに、先に折れて頭を下げる人」っているんですよね。私にはなかかなできないんですが、それができる人を見ると「大人の対応だぁー」と思います。
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。