08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だけどちっちゃいから

娘の話を聞いていると、たまに「微妙に文語調」の言い回しが入る。

「お化け屋敷がね、あまりにも怖くてね、1人じゃ入れなかったの」の「あまりにも」とか、
「今日は嬉しいことに○○ちゃんが絵を描いてくれたんだ~」の「……なことに」とか、
用法は合ってるんだけど、地の文や口調と合ってないというか。そんな感じの言い回し。
悪い言葉ではないから、修正もせずにふんふんと聞いているが。
覚えたての言葉って使ってみたくなるもんで、娘もそうなのかなーと思う。

小学生になって飛躍的に語彙は増えているが、いまだに自分のこと「りんちゃん」と言う。
「私」と言ったほうがお姉さんらしいよ、と助言したが、「やだ。りんちゃんでいーの」。
授業中の発言は一応「私」と言っているとのことだが、友達同士では完全に「ちゃん」付け。
童謡の「さっちゃん」を歌って、「あなたも、ちっちゃいから自分のことりんちゃんって言うの?」と言ってみたが効果なし。

友達から「自分のこと、ちゃん付けしてる!ちっちゃい子みたーい」と笑われでもすれば、すぐに直りそうだけどね。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。