10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野旅行 最終日

早いものでもう最終日。二泊三日は短いな~。

朝、ホテルをチェックアウトして、叔父の家へ。叔父の体調も多少回復したらしく、初めて会話らしい会話をした。再度墓前で手を合わせた後は、庭を散策。トックリバチの巣(蜂はもういなくなってる)や、ヘブンリーブルーという、ちょっと珍しい朝顔を見せてもらった。娘には、かぼちゃ、トマト、きゅうり、とうもろこし、みょうが、ブルーベリー、モロッコインゲン、なす…等々の、叔母の育てている野菜をよく観察するように言ったり。娘ももう、虫が、土が、とは騒がない。

木曽福島の駅まで車で送ってもらい、電車で松本へ。
私が松本城に行きたいとリクエストしたのだ。松本は3回ぐらい行っていて、松本城も見たが、どんなんだかすっかり忘れてしまったので。

「日本のお城を見てみよう」と言うと娘は「篤姫様がいるかな?」と言っていた。ちなみに我が家ではドラマの篤姫は見ておらず、実家にお泊りに行った時におばあちゃんと見ているのである。思わず笑ってしまったが、お城の中を見学中、周囲の人も口々に「篤姫みたいな人もここにいたんでしょうね」とか「篤姫にもこういうのが出てきたよね」とか話していておかしかった。大河、あなどれない。

狭くて急な階段で四苦八苦しながら天守閣の一番上まで到着。で、しばし休憩。爽やかな風が通り抜けていて気持ちいい。

お城から出てきた後は隣接する博物館へ。輿などを見ていると、また見学者が口々に「篤姫様もこういうのに乗っていたんでしょうね」とささやきあっている。篤姫大人気。

その後、ハッと気づいたら信州に来たったのに蕎麦を一度も食べてなかったじゃないかということで、お蕎麦屋さんで昼食。このお蕎麦がとっても「ンマー♪」だった。「こばやし」というお店。有名らしい。私と母は天ざるを注文したのだけど、天ぷらも「ンマー♪」だった。

それからは駅ビルでお土産を買い、「あずさ」で一路東京へ。…と思ったら送電線への落雷事故で大月で足止め。その後もたびたび止まりつつ、予定より1時間半ほど遅れて到着となった。

時折お天気雨がぱらぱらと降った程度で天気に恵まれ、おいしいものも食べたし、第一の目的の墓参も無事できたし、観光もできたし、なかなか満足の行く旅行でありました。ちゃんちゃん。



スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。