10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み残酷物語

さて、女工哀史、じゃなくて、細腕繁盛記、でもなくて、わたくしの夏休み残酷物語を始めたいと思います。

娘の学校は二学期制なので終業式もないまま、ぬるーく夏休みに突入する。カレンダーでは22日からが夏休みだが、実質19日からということだ。




その19日。
なぜか娘が張り切って5時半に起床。「おなかすいたー」と言いながら起きた娘におにぎりを食べさせてから、近所のラジオ体操に行く。地元の子ども会主催のラジオ体操だ。子ども会のイベントに初参加だ。
先日の世話役さんに、役員のお母さんと引き合わせてもらった。

以前ヤマハで一緒にグループレッスンをしていた子がいた。その子は5月生まれで、学年は一つ下の現在年長さん。今年度から個人レッスンにうつった。お母さんと個人レッスンとグループレッスンの違いをちょこっと立ち話などした。

さらに以前、まだ娘が2歳ごろ通っていた保育園で一緒だった子もいた。そのお母さんに、その後うちは職場近くの園にうつり、現在も職場のほうの小学校・学童に通っているのだという話をすると、「あぁ、そういう手もありましたね~」と言われた。そういえば彼女は公的な学童クラブの預かり時間が短いことを理由に、自分たち保護者で民間の託児所を立ち上げていたのだった。見た目すっごく大人しそうなのに、結構行動派なんだなーと当時驚いたのを思い出した。

でも知り合いはこの2人で全部。しかも他の子は学校でも同級生だったりするので、輪に入りきれない私たち親子。まぁ、2人だけでも話せる相手がいたのは救われた。

娘は(予想通り)新しい友達を作ることもなく、私にぴったりくっついていたが、その割にラジオ体操はたいそう気に入ったようで、「明日も絶対来る」と張り切っていた。

ラジオ体操後は、家で宿題を片付け、ヤマハに行き。

ヤマハは久しぶりに見学。なぜって外が暑くて、出歩くのがしんどかったから。教室内ならクーラーも効いてて快適。美しい音楽も…。

…って、うるせーな。なんでみんな勝手に弾いてんだよ。

久々に見学したら、子どもたちが野放図になっていて、唐突に先生に話しかける、勝手に猫ふんじゃったを弾く、ノートを床に這いつくばって書こうとする、隣や後ろの子とおしゃべりする等、親子参加の幼児科の時とはだいぶ違う。先生も注意しまくり。優しくニコニコしていた印象しかなかったのだが、叱る時にはちゃんと叱ってくれているようだ。
うちの娘と、もう1人だけが大人しーく、先生の指示に従っていた。たぶん、私がいるから良い子にしてるわけじゃないと思う(娘は外ではしゃべれない人だから)。
しかし、曲が始まれば、みんなきちんとやっていたので、一安心。

その後は駅前でやっていたおまつりを冷やかし、ついでに屋台でランチを済ませようと思ったのだけれど、あまりの暑さに娘がバテてしまい、結局近くのお高めのレストランでランチ。予定外の出費。

食事して、気を良くしたところで、フラに移動。
フラでは娘は意を決して自分から「もっと難しくしてほしい」と言った。娘の挑戦的発言に対して、先生はやはりちょっとムッとしたご様子で、「月2回のレッスンでそんなの無理だっつーの、本気出すなら教えてやるけど、そこまでの覚悟あんのかよ」という意味のことをもう少し婉曲に言われた。で、いつもよりハードめなレッスンになった。娘、そこで怯むか、はたまた意地でもくいつくか?と思いきや、後半、疲れがどっと出て踊りながら居眠りして、先生から「もう寝かせてください」とフォローされた。立場ない。

帰り道、もはや唯一になってしまったフラ仲間のYちゃんのママに、「実は別の教室に見学に行った。レベルの差を感じたが、娘がこちらがいいと言うので、続けることにした。そんなこともあって、今日の娘は挑戦的な態度だった。レッスンもいつもよりハードになっちゃって、ごめんね」と伝えると、「あー、そうなんですかぁ。うちは、まあ、今のペースでいいかな~って思ってます。2人だけになっちゃいましたけど、これからもよろしく」とフツーに言われた。

あっさり言われて、なんだか肩の力が抜けた。

先日はやめた2人から「あそこじゃ上達しないわよ」と言われて焦り、今回は「まったりペースでいいんじゃない?」と言われてその通りと思い…。他人の意見に惑わされてばかりいるなぁ。ヤマハはそれなりにやらせたいと思って始めたのであまり迷うことはないんだけど、フラはほとんど思い入れなく始めただけに、どうも指針が定まらないんだよな。本人が今のままやるっつってんだから、それでいいわけだが。

夏休み初日はそんな感じで、終日娘連れでの外出で、あまり親しくない人相手に八方美人的に愛想を振りまいたりして過ごし、グッタリでした。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。