10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠足とお泊り

今日、娘たちは年少さん・年中さんと一緒に「お別れ遠足」に行っている。
朝、送りに行った時、ちょうど仲良しMちゃんも来たところだった。先生と一言二言話した後、さてとじゃー会社に行くかいな、と思ったら、Mちゃんのママは動かない。聞くと、「もう最後だし、お見送りしていこうと思って」。

おおお。遠足の見送り。
遠足は貸し切りバスで行くのだけれど、こどもらが整列してバスに乗り込み、無事に発車するまで見届けて「ばいば~い、いってらっしゃ~い」とやってあげるわけね。
以前の遠足のとき、登園後も何人か母親達が居残っていたのはそういう理由だったのか!と、今更知ったアタクシ。って、今日が最後の遠足だよ!気付くの遅っ!

窓越しに娘が鼻をつまんで座っているのが見えた。「車のにおい」が苦手なのでそうしているのだろう。隣にいたMちゃんも真似して鼻をつまんだので、シンクロナイズドスイミングのようだった。

しかし実は娘、今日、Mちゃんちに行くのである。いや、私も一緒にお邪魔するんだが。しかも泊りがけだ。何も遠足の日にしなくても、とは思うが、他の日がどうにも空かず。
親は疲れるが(特に先方には申し訳ない)、娘もMちゃんももはや「最後の遠足」なんかどうでもいいぐらい、「お泊り」のほうでテンションがあがりまくりのようだ。登園した時も、ほかの子が「今日あたし、キャラ弁なんだ♪」と声をかけてきてくれたというのに、その返答が「今日ね、Mちゃんちにお泊りするんだ!」。遠足のこと話せよ。

幼稚園とかで降園後の行き来をよくしている子と違い、「およそのおうち」に行くことも、「じぶんのおうち」に来てもらうこともめったにないので、「ほかの子のおうちへ行く」というだけで、テンションマックスなのだ。小学校に上がっても、学童クラブだし、電車通学だし、個人宅の行き来はほとんどできないだろう。自分のこどもの頃を思うと、そういう経験ができないのはかわいそうな気もするけど仕方ない。
まぁ、今時みなさん習い事なんかも多くて忙しいから、学童じゃなくてもそんなに遊べないとも聞くけどねぇ。

さて、そろそろお泊りグッズを持って、お迎えに行きますか。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。