10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリー・クリスマス

諸事情により我が家には24日にサンタが来ましたよ。
プレゼントを見つけた娘の第一声は「あれ、今日25日?」という鋭いツッコミ。成長したものだ。
「あー、25日だと保育園があるから、できれば24日に来てもらえないかなぁってサンタさんにお願いしておいたんだった」と言うと「どうやって?お手紙書いたの?」「え。あ、まぁ。そんな感じで」。あまり突っ込むなよ。

そんな冷静な娘も、中身がお願いしておいた「アクアビーズセット」だと知ると、空に向かって「ありがとぉぉーー、サンタさーーーん」と絶叫してお礼を言っていた。




早速アクアビーズで遊ぶかと思いきや「おばあちゃんたちに見せてからにする。サンタさんが来たんだよって見せなくちゃ」と、また箱から出すこともせず、大事にしまいこんだ。

大きさが少しずつ違う六芒星型の抜き型を購入しておいたので、娘にパイシートを型抜きさせ、焼く。生クリームをはさみつつパイを重ねていくとツリーの形が出来上がり。イチゴとブルーベリーで、これまた娘が飾りつけ。ケーキは先日の誕生日に食べたので、今日は軽めにこんなパイで。

つづいて一晩タレに漬けておいた丸鶏をロースト。

面倒なのはここまでで、あとはスモークサーモンやモッツァレラとトマトのカプレーゼを並べておく。

このへんで午後1時ぐらい。呼んであった両親がやってきた。
ころあいをみはからって、スパゲティをゆで、出来合いのカルボナーラソースとトマトソースでそれぞれあえて、2色パスタ。

スパークリングワインとシャンメリーで乾杯。

娘は得意そうにアクアビーズを見せる。
「夜はなかったんだよ、でも朝になったらあったの。
アラジンかオーロラ姫のDVDが欲しかったんだけど、もしなかったらアクアビーズってお願いしてあったの。やっぱりDVDはなかったんだね。だからアクアビーズなんだね」。

そこで「じゃーん。実はまだプレゼントがあるのでしたー」と私。

我が家は、クリスマスに、サンタと別に両親からの軽めのプレゼントもあげている。
両親からのプレゼントは「UNO」。ちなみにディズニー版の絵柄。
娘は保育園でUNOを知り、よくやっている様子。でも家にはなかったので、今まではトランプでやっていた。私もUNO好きなんだが、トランプだとルールがシンプルになってしまい、面白くない。というわけで、私の好みも反映させてUNO。

誕生日からこっち、続けざまのプレゼントでウハウハ。
「すっごく嬉しい。ありがとう。おじいちゃんとおばあちゃんは机とランドセル買ってくれてありがとう。あとカレンダーとコートも。サンタさんは、アクアビーズありがとう。じいじとばあばはこのセーター(ちょうど着ていた)くれたし。あとおままごとも。ママがディズニーのお人形で、お父さんがねんどと着せ替えでしょう。いっぱいもらった。ありがとう、みんなありがとう!!」
アイドルの引退ライブのような盛り上がり。サンキューフォーユアエブリシング(by 山口百恵)。

スパゲティ食べてチキン食べて、アクアビーズで遊んで、パイ食べて、人形で遊んで、今度は夕食。

ここ数日胃の調子がいまいちの私はちっともお腹が空かないので「夕飯…入る?」とみんなに聞くと、「うん、おなか空いてきたね♪」と元気なじーさんばーさん。

夜はチーズフォンデュ。といっても、これも出来合いのチーズソース。私はじゃがいもと人参を蒸かし、ブロッコリーとウィンナをゆで、サラダ用のボイル済みのエビの殻をむき、フランスパンを切った。フォンデュは下ごしらえだけで済むから楽だ。

またワインを空ける。

デザートはアイスとあまおう(イチゴ)。
フローティングキャンドルとグラスファイバーのツリーを灯して、部屋を暗くする。
赤鼻のトナカイやキラキラ星を歌って、「メリークリスマス」。

娘「えっ、今日って誰かの誕生日?」

その他「…えっと…うん。明日が、イエス・キリストという人の…あれ?人?神の子?……まぁ、神様みたいな?っていうか、神様の誕生日…で、あたらずとも遠からずで…ウミャミャ」

私「明日が神様の誕生日です」
母「神様は偉いから、子どもたちみんなにプレゼントをするの」
私「そうそう、だからサンタさんが」
母「そうそう、サンタさんは神様のおつかいだから」
私「そうそう」
母「だからね、メリー・クリスマスっていうの」
私「そうそう」

娘は「ふーーーん」と言って、イチゴとアイスを食べたのだった。
スポンサーサイト

メリー・クリスマス!

おお、やべえ!後5分でクリスマスが終るところだった。(そーゆーもんか?)
リン様、楽しいクリスマスだったみたいで十全、十全♪
子供が楽しそうにしてるのが、親にとっちゃ何よりのご馳走ですおね?^^

>もす〔*’Θ’〕様

私自身は「サンタの来ない家」だったんですよね。元々あまり情緒的な親でないし、10歳上の兄もいたし、「サンタさんって本当にいるよね♪」というノリでもなかったんでしよう。

娘のおかげで、この年になって(28歳)「サンタはいるのさっ」と、ようやく思うことができました。
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。