08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どいつもこいつも

ちっちゃな頃に悪ガキじゃなかったからか、今になってナイフみたいにとがっては触るもの皆傷つけているらしいワタクシです。




土曜日に娘と実家に行って、日曜に私だけ先に自宅に戻り、各種書類整理をした。学童クラブの申し込みとか火災保険と生命保険の見直しとか、いろいろたまっていたので。
それぞれが証明書のコピーをつけろとか保証人の実印が必要だとか会社の就業証明書を発行してもらえとかうるさくて、ようやく必要書類が集まったと思ったら、こちらの希望内容と見積もりの内容が違っていてやり直ししなくちゃいけなかったり。

そして、それもこれも平日の昼間は身動きとれないから帰宅後に目を通して、何かあったら翌日に会社から電話して…ってやらなくちゃいけないから、時間が無駄にかかる。

我が家には、平日の夕方には家にいる40歳男がいるはずで、彼がもう少しなんとかなれば私がこんな苦労しなくていいんだけどなぁーーーー。
いなきゃいないで最初からアテにしなくて済むからいいんだけど、なまじ物理的にそこにいるとなると邪魔くさくてうっとーしい。

昨日は家でそんな作業をして、目処がたったところで娘を迎えに実家に行き、夕飯をごちそうになったのはいいけど、今度は父とバトル。

父は昔からケチ…というか、「お金に関していやらしい言い方をする」人間で、気持ちよく散財することができないし、気持ちよく散財する人に対しても「やな感じ」の発言をすることが多い。

たとえば何人かの飲み会で、若い人や女性は安めに徴収しようという雰囲気になった時に、黙って多めに出せばカコイーとなりそうな場面で「いくら。うわー高いなー!オレふだんこんな高い店で飲んだことないけど、最近の若い人はこういうしゃれたところが好きなんだねぇ。あー、オレが多めに出してやろうか?しゃーないだろ、どうせみんなそれがあるからオレを呼ぶんだろ?」などと言ってしまう。いたたまれなくなった「おごられる側」の人が「いいですよ、私、ちゃんと払いますよ」といえば「いいよ、今日は出してやるよ」と言う。こうして、店を選んだ人のメンツをつぶし、その場にいる女性や若い人をいたたまれなくする。

父は自分自身が「おごられたらラッキー」と思うだけで、おごられるということを通してできあがる、ある種の上下関係というものが理解できない人間なので、このあたりの空気が全く読めないようだ。でも、おごられてばかりでおごることなんかない、という真性のケチでもない。上記のように、最終的には他人より多く払ったり、おごったりしていることも少なくない。どうせ払うんなら、どうしてもっとスマートにふるまえないのだろう。損な性格だと思う。

で、昨日はそんな空気読めない父が、私に「(要約すると)おまえがねだったランドセルの金のことだが、早く欲しいだろう、いつ欲しいんだ、現金がいいのか?」的なことを言ったわけ。

でも、前にも書いたけど、私はとりあえず自分の子どもにかかるお金のことは私がすべて負担する覚悟を持っている。ランドセルにしてもそう。
それが私の現在のプライドのよりどころでもある。
私は「夫が病気で苦労している妻」だけど、他人に見下されるような生き方はしていない。私が夫と娘を食わせてんだ。贅沢はさせられないけど、たまの外食や習い事ぐらいの娯楽が楽しめる程度には、生活レベルを保ってんだ。私の力でな。文句あっか。
…という意地が、私の原動力のひとつだ。

だから、「パパやママにランドセルおねだりして買ってもらうの」という文脈は、私にとっては非常に腹立たしいことなんだ。

で、父に向かって言い返した。
「頼んでないし。買って欲しいなんて一度も言ってない」
すると父は「買って欲しい、とは言わなかったけど、でも言わんばかりじゃないか。オレはランドセル売り場に連れて行かれて」
「違うでしょ。どうするのか、って聞かれたから、展示会に行くよ、って言っただけじゃない。そしたら、勝手に一緒に来て、買ってやるって言ったんでしょ。私は頼んでない」
「そんな話はどうでもいい」
「どうでもよくない。そんな風に言われるなら要らないよ。一銭も要らないから!」

という経緯で父娘バトルが勃発。
母がとりなそうとしていたが、元はといえば、母が「Cakeとお金の話をちゃんとしておいてよね」と父に声をかけたのが発端。本当なら、そういう父の妻たる母が、うまいこと翻訳して私と父との間に立ってことを進めてくれればよかったのだ。

家に帰ると、やっておけと言ったことの100分の1もやっていない夫が、私に怒られるのではないかとジタバタしてるし。

どいつもこいつも腹が立つ。

あ、娘だけがやけに聞き分けがよく、良い子だった。
一日中怒っていた私がさぞかし怖かったのだろう。
スポンサーサイト

ウチの

弟が全く、このタイプですわ…。まあ、『損な性格よねー♪』で済んでる内はいいんですが…。私と弟の間では(私が恐怖政治を強いているのでww)確執はないのですが、間に父母をはさんで、ビミョーなものが…。
きっと相続時には大モメするんだろうなあ…。
ああ、嫌だ、嫌だ!…といいつつ、やる気満々な自分がちょっと自己嫌悪。

>もす〔*’Θ’〕 さん

>やる気満々な自分がちょっと自己嫌悪。
その時にはたぶん、「やる気満載な日々」というブログが開始されるのではないかと期待してますw
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。