08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドセルにまつわる恨み言

ベネッセさんと土屋さんからランドセルDMが届いた。

私はブランドにこだわりもないので、どこでもいい。
電車通学になるんだったら、軽いほうが良い気がする。でも電車通学になるかどうかは来年2月ぐらいまで確定しない。いっそその頃まで放置してバーゲンで買ってもいいかと思う。

とか言いつつ、心の端っこで「ランドセルって男親側の祖父母が張り切って買ってくれたりするもんだよねー」と思う。いや、でもあの人たちそういうのないから期待しちゃダメン、と自分の甘えた気持ちを瞬殺。

話を戻して、電車通学の場合、というのは、越境で私の職場近くの小学校に行くことになった場合のことなんだけれども。
その小学校、ランドセルじゃなくてもいいのだ。実際、少数派ではあるけれど、現1年生でもランドセルじゃない子を見かける。
だったら、わざわざランドセル背負わせて「私、小学生女児、ただいま電車通学中」と宣伝させることもないかなぁ、とも思う。外国の小学生が背負ってるような、ランドセルというより、普通のカバンっぽいタイプなんて良いんじゃないかと。どこで売ってるのか知らんのだけど。

私自身は、小学校6年間、ランドセルを背負っていた。それはそれは大事に扱っていた。それには理由があって、3年生ぐらいの時に、新聞の投書欄に「卒業記念に、ランドセルにクラスメートや先生にサインをしてもらった」というのがあって、自分もやってみたいと思ったから。
(この話は前にも書いた気がするが、たぶんこのブログになる前のことだ。前にも読んだぞ、と思われる方もいらっしゃるかもしれないけど、生ぬるくスルーしてください)。

で、卒業式を目前に控えた頃、それを実行した。日々、友達数人ずつにサインしてもらった。最後に担任の先生と校長先生にサインをもらおうと思った。担任がいなかったので、先に校長室に向かった。

その日のホームルームの時。担任が「今日、ランドセルにサインをしてほしいと校長先生のところに行った者がいるそうだが」と言った。私は「良いアイディアだね」とでも言ってもらえるのかと思った。が、その先に続いた言葉は「まだ使えるものを、そんな風に粗末にするのはよくない、と校長先生が言っていた」というものだった。

私はただでさえあまり好きじゃなかった担任が大嫌いになった。そして、それまで好きでも嫌いでもなかった校長のことも、大嫌いになった。

まだ使えるものを粗末に…。

乱暴に扱って使い物にならなくなって、ショルダーバッグに切り替えた子。しゃれっ気からランドセルをいやがるようになった子。

その子たちよりも、私は、ずっとずっと、大切に扱ってきた。新聞記事を読んだ時から、何年も。

まだ使えるって…2週間後には卒業式だよ?

今時、お古のランドセルを使ってくれる子もいないよ?

今でこそ、自分のランドセルをミニチュアサイズに加工してくれるサービスなどもあるけど、当時はそんなものもなかった。
だからこそ、大事に扱ってきたのに。

くやしくてくやしくて、中学に進学した一ヵ月後、中学で「小学校の恩師に近況報告の手紙を出しましょう」という企画があったので、「私のどの行動が物を粗末にしたと言われる部分なのか、いまだにわかりません。教えてください」と書いて出した。

返事はなかった。私は彼らを更に憎悪し、軽蔑した。

それから20年以上過ぎた今でも、これを書いていて腹が立つ。

自分の娘の担任があんな野郎だったらどうしてくれよう、と、先回りして腹が立つ。

そんなこともあり、私にとっては、ランドセルは鬼門なのだ。
娘が欲しいと言えばそりゃ買ってやるつもりだが、なんつぅか、「そんなに思い入れるなよ、あいつらに裏切られるかもしれないぞ」と思ってしまう。粘着で根暗だからな、私は。

とりあえず娘に「どういうのがすき?」とカタログを見せると、「これ」と指差したのはローズピンクのランドセルだった。ピンクか…。微妙。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。