08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甥と遊ぶ

月曜日。
娘を連れて兄の家に行く。兄の家に行くことはほとんどない。2年ぶり通算3回目の訪問ぐらいだと思う。ちなみに長兄の家。次兄の家はいまだに一度も行った事がない。うちにも呼んだことないのでお互い様だが。別に用事もないしな。

今回の「用事」は、娘のためである。そのためには甥には悪いが、娘の相手をしてもらうわい。

着いて早々、娘は甥の部屋で遊びだす。邪魔するなといわんばかりにドア閉めちゃうし(娘が)。

高校生男子と5歳幼女が部屋で2人っきりになるというのは、今のご時世、それなりの危機管理をしてしかるべきなのだが、部屋の中から聞こえてくる声はポケモンの名前…。
甥はちょい前までポケモン大好き少年だったんで、カードだのシールだの人形だのを娘に見せてくれている様子だった。

しばらくして静かになったんで、のぞきに行くと、娘は甥の二段ベッドの、今は物置になっている上段に腰掛けていて、甥はTVゲームをやっていた。
義姉が「1人でやってないで、りんちゃんにもやらせてあげないさいよ」と言うと、甥が「違うよ、りんちゃんがゲームが見たいからオレにやれって言ったんだよ!」と言った。娘に真偽を問うと、何故か孫の手を指揮棒のように振り回しながら「だってやりたくないもん。見るだけがいいんだもーん。ママたちは関係ないから、あっち行ってて!」。

かーわいくなーい。

その後。
みんなでごはんを食べる→また2人は部屋にこもってなんぞ遊んでいる→みんなでケーキを食べる→みんなで脳内メーカーや顔チェキをやって遊ぶ→娘は自分だけ話題にのれないのでスネる。甥を誘い、また部屋にこもっておもちゃのピアノなど弾いている→みんなでお茶を飲み、そろそろおいとましようと娘に言う→娘、帰りたくないと泣く。

ベショベショ泣いているのを説得して、帰宅。

娘、電車の中で遅い昼寝をし、家に着いてからは「あぁ、今日は楽しかったな。どうして明日になっちゃうんだろう。明日にならなければいい」と言っていたのであった。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。