10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセスアカデミー 2007

娘と2人、エンヤコラと行ってきましたよ。
プリンセスアカデミー 2007

私たちのクラスは夕方開催だというのに、朝も早よからドレスの仕度。10時半から美容室。




美容室というと、ここ半年ほど放置しまくりだった娘の髪。伸びっぱなし。ただでさえ他人の倍もありそうな毛髪量でロングは、かなりうっとうしい。スイミングキャップに収めるのも苦労する。保育士さんからも再三「少し切ったほうが…」と婉曲ながらも指摘され続けていた。で、どうせ切るならプリンセスアカデミーの日に合わせて、セットもしてもらえばいいかなーと考えていた。が、前夜になって、いつも行く美容室(私の行きつけ)が夏季休業であることが判明。仕方ないので、夫の行きつけにしようとしたら、こちらも夏季休業。当日朝に、私が8年ぐらい前に通っていた駅前の美容室に決めたというドタバタさ。

カット後、カーラーを巻いたりヘアアイロンをあてたりして、「ベルみたいに、かたっぽだけ、くるくるんって、したい」という娘の要望を通してもらう。

セット後、そのまま駅に向かい、スカイライナーのチケットを購入。電車に乗って舞浜へ。

舞浜に12時半頃到着。プリンセスアカデミーでも食事は出るけれど、夕方になるので、軽めに食べておこう…と、イクスピアリのプラネットハリウッドに入った。ハンバーガーセットを注文したらアメリカンなビッグサイズが出てきた。ちっとも軽めじゃない。娘はお子様パスタ。ウェイトレスさんに「うわぁ、可愛い頭!! これ地毛ですか? すごーい。可愛いねぇ、お姫様だねぇ」と絶賛され、得意気なりんたろさん。

食事後、暑いし歩くのもいやなので、ホテルで涼むべく、かなり早めだけどアンバサダーホテルに行く。一番に到着してしまったらしい。早すぎて私たちのクラスの受付はまだ始まってない。着替えやビデオ、写真撮影はできるので、適当に過ごす。といってもやれることにも限度がある。会場を30往復くらいしていたら「そこで座って待ってていただいてもいいですよ」と受付後ろのソファをすすめられた。
ようやく受付開始時間。「受付はじめますので、どうぞ」と呼ばれる。当然のことながら整理番号1番。なんかすげぇ気合入ってる人みたいで恥ずかしい。

さて、ようやくレッスン開始。
7日間のキャンプ生活でしまった身体に!!ではなくて、数時間でプリンセスに!!
流れは去年と同じだ。なんなら読むがいい(何様だよ!って、お后様だよ。プリンセスのママだから)。
今年は参加者が少なかったな。去年の半分以下じゃないかなぁ。たまたまこの回がそうだったのかな。子ども25人ぐらいだった。まぁこのぐらいのほうが落ち着いた感じにはなるけどね。去年のを経験してると、盛り上がりがいまいち、という気がしなくもない。

娘は去年全く楽しめなかったダンスを今年は「楽しいね」を連発しながら踊った。よかったよかった…と思いきや、去年はなかった2曲目のダンスのステップがうまく出来ず、撃沈。それは大人でもちょっと戸惑うステップで、みんなできなくても適当に楽しんでいる。りんたろさんはダンサーとしてのプライドが許さなかったのか、会場内でただ1人ダンスの輪に入らずに壁際でベソかいていた。いつからダンサー?
まー、彼女にはありがちな展開なので、私はさほど気にしなかったが、司会のお姉さんが心配しまくり。すみませんすみません。

ダンスのほうにも、マイナーチェンジはちょこちょこあった。
・カメラマンによる写真撮影はなく、スタジオアリスが出張してて、プリンセスドレスを着て写真が撮れるようになっていた。りんたろさんは拒否したので撮影せず。
・記念品が修了証入れ。(去年は陶器のボンボン入れみたいなやつにキャンデーが入ってた)。
・お食事メニューは総とっかえ。
・歌はホール・ニュー・ワールドのみ、声楽家の人が指導。去年は数曲、司会進行役の人が歌っていた。
・サプライズでシンデレラの魔法使いと、着ぐるみねずみ(ガスとジャックではなく、女性のねずみ)が2人(2匹)登場。シンデレラが来た年もあったようだが、今年はなし。去年はキャラは誰も来なかった。

食事は去年より美味しく感じた。娘も良く食べていた。巨大ハンバーガーがまだお腹の中でこなれていなかった私もよく食べた。
マナーレッスンだっつってんのに、バターナイフを直接口に入れてバターをなめとろうとする娘。普段よりマナーがなってないし。さらにデザートを手づかみで食べていた。マナー講師の話、聞いてたか?

食事の時、同卓のお母さんとしゃべった。上品な美人さんで、3歳の娘ちゃんも美人さん。
うちの近くにある、某お嬢様系幼稚園にお通いとのこと。お住まいは某高級住宅街らしく。わー、金持ちだなぁ。やっぱ美人はエエトコにヨメに行くんだなぁと思った。でもそのお母さん、そういう話をしていても、ちっとも嫌味じゃないし、とても可愛らしいというか、もって生まれた「愛されオーラ」のある人で。育ちの良さが「良いほう」に出ていて、話していて気持ちよかった。こういうヴァカ親イベント(おい)って、エネルギーを子どもに向けがちで、自分を取り繕うのがおろそかになる分、親の人間性がダダ漏れだったりするよね。オレ様は取り繕う必要のない素晴らしい人間性なので、なんら問題ないけどね。

そんなこんなでホテルを出たのが19時半。うへぇ。とっとと帰ろうとしたら、「お腹空いちゃった。カレー食べたい」。まーじーでー?
ネポスキッチンに入る。私は舞浜地ビールのみ。娘は甘口カレー。…すると、着席した途端、娘がイタコになってしまった。半目の白目で、ぐらんぐらん回っている。睡魔降臨。まーじーでー? 膝で寝かす。私はひとりビールを飲む。20分ほど経過したので起こす。起きるなり、娘はカレーをむさぼる。本当にお腹空いていたんだねぇ。

結局帰宅したのは9時半近く。

娘、「楽しかったね、また行こうね!!」と不気味な予告をする。

はい、来年に向けて、体力作りに頑張ります。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。