10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義理義理ガールズ

私には兄が2人いて、それぞれに嫁がいる。つまり義姉が2人いる。もともと兄たちとは5歳ずつ年が離れていて、2人とも年上女房なんで、義姉たちとはさらに年が離れている。

兄たちと私は仲は悪くない。つぅか、年が離れている上に、私が小学生の時には既に2人とも部活やバイトをしていて生活サイクルが違っていたし、長兄は大学卒業してすぐ結婚、次兄は転勤族で就職と同時に実家を離れたため、一緒に暮らした期間がほとんどなく、仲が悪くなるチャンスすらなかった。

それでも私は末っ子だったし、女の子だったし、大人しかったし(トロかったともいう)、それなりに可愛がられていた自覚はある。



長兄の奥さんは2人姉妹の次女、次兄の奥さんは1人っ子で、下にきょうだいのいない人たちだったので、こちらからも、「義妹ちゃん、仲良くしましょう、ヨロシクね」的に構われていた自覚もある。まぁ、妹ができて嬉しいわというよりは、「妹タン」という、兄としては特別な存在である私を牽制したい面もあっただろうとも思う。あー、もちろん、うちは上述の通りのクーリッシュ兄妹だったんで、私にはブラコン要素が芽生えることもなく、その牽制はあまり必要なかったんだけどさ。

で、この上の義姉(A姉)と下の義姉(B姉)だが、これが対照的な性格をしている。A姉はよくも悪くも天然おとぼけおっとり系で、誰にでも優しいし明るい。ただ、「いやなことは考えないようにしちゃお・忘れちゃお・見ないようにしちゃお」という、ちょいとばかし軽率な面がある。昔ながらの価値観の「長男の嫁」としては、結構致命的な面だと思う。でもま、いかにも「お母さん」って感じで愛情たっぷりで、子どもらにはなつかれるし、悪く言う人もあまりいない。

対してB姉は、何に対してもきっちりがっちりしないと気が済まないタイプ。几帳面といえばそうだが、どちらかというと「隙を見せたくない」という感じで。情よりも世間体とか、格式とか、ものっそ気にする。「こうあるべき」という理想が高いだけでなく、そのための自分の努力も惜しまないところは、偉いと思う。が、どうも彼女は上から目線の物言いをするというか、断定口調というか、そういった言葉遣いをするため、そういった努力について認めてもらえないことが多い。

上下が逆ならちょうどよかったかもしらんが、「天然ちゃんで通る年じゃないだろ!おとぼけ長男の嫁」と「気位ばかり高くて生意気なんだよ!偉そう次男の嫁」。

でも、もうみんなオトナだし、ここまで言っておいてなんだけど、上記のことだって別に我慢できない!!!というレベルではなく、フツーに義姉妹としてつきあう程度には支障のない範囲。

…だったわけだけれども。

A姉とB姉が電話していたところ、どうも話が食い違い、きっちり屋さんのB姉が、「A姉さんがちゃんと話聞いてないから」といった意味のことを言ったらしい。A姉本人は気にしなかったようだが、そのまんま長兄に「どうも私の聞いてた話と違うみたーい。○○って話だったよね?でもBちゃんは違うって。私が聞き間違えたんじゃないかって言ってる~」と伝えた。

それを聞いた長兄(超毒舌)が電話をとってかわり、B姉に「おまえはうちの嫁が悪いって言うのか。そっちがちゃんとしないからこっちから連絡してるんだぞ。そのことわきまえてるのか。だいたいおまえ生意気なんだよ」的なことを言ったらしく、B姉激怒号泣。「なんでそんなことお義兄さんに言われなくちゃならないんですかー!私全然悪くないのに、キー」。電話ガチャ切り。

でも悔しいので「私の何が悪いっていうんですか!!」と反撃電話をかけたB姉。出たのはA姉。「いやなことなんか気にしない♪」の得意なA姉は「Bちゃんたらどーしたのー。あー、彼のそんなのはいつものことだから気にしないでね、キツイこと言ってたみたいでごめんね~、水に流しましょう~ルンルン」というフォロー。しかしB姉にとってはそれが逆鱗。

その後、自分の夫(次兄)に電話して顛末を泣きついたところ「言った言わないの議論をしても仕方ないから、今度から何か連絡事項があったら、速攻で『○○って聞いたんですけど、間違いないですね!!』って兄貴に電話して確認させりゃいい」と答えたようだ(次兄は基本的に深く考えることをしないで、その場その場の適当な発言をする)。

で、B姉の心情は以下のようになったと。以下邪推↓
長兄の嫁は夫にかばってもらって、本人は能天気。私はいっつも超気を使ってるのに、いきなり怒鳴られて、ダンナに言ったら兄貴に電話すりしゃいいってなんなのよ、んなこと弟の嫁ができるかー! 義兄も義姉もむかつくーーー!!

というのが、平均45歳ぐらいの人たちの間で起こった模様。


…アホかorz。

で、B姉は「ムキー、くやしい」のあまり、友人知人に電話をかけまくり、愚痴を言い散らかしたらしい。
で、何故か愚痴相手リストの中に私がいた。でも私は夜間ケータイをサイレントにしていたので、気づかず。で、義姉は「昨日は夜中に電話してごめんね。実は…」というメールを翌日よこしてきた。
そのことが、一昨日の長電話の発端なのだった。

…つか、待て。
オレは小姑だ。
愚痴電話しようとするなよと。

確かにオニイタンLOVEではないが、かといって義姉タンガンガレでもないぞと。

そもそも、うちはそれどころじゃねぇ。知ってるだろうが。

そして、「でもそんなの関係ねぇ」と歌いたくなった、と。そこにつながる。

という話でした。長い割にオチもなく、くだらなくてごめん。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。