08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親の育児

今日は娘の日本脳炎の初回接種の1回目。初回なのか1回目なのかハッキリしろい。

娘は夫に付き添ってもらい、私は通常通り出勤。
こういうことができるのは、夫が無職ならではですね(o^-')b
って浮かれてる場合じゃないけどさ。

娘に関しては、割と安心して夫に任せられるようになった。夫がかなり安定していることもあるし、娘本人がしっかりしてきたので。

特に今回みたいな予防接種とか、ちょい前には歯医者とか、夫に連れて行ってもらえるのはとても助かる。平日の昼間に父親が子どもを病院に連れて行くのは珍しいことではあると思うが、父親の育児参加が当然というのなら、それが「珍しいこと」ではなくなる世の中になっていかなくてはいけないよね。や、それ以前に「参加」という言葉の選択が既におかしいけど。「妻の育児参加」とは言わないしな。「家事に協力」とかと同じだわね。

ま、夫は病気とは関係なく良くも悪くもそういう面での「男の沽券」をあまり意識しない人だからできることでもあるのだけれど。これが、フツーの感覚(フツー、というのは、正常/異常の正常という意味ではなく、現代の日本社会の多数派、という意味で)なら、「平日の昼間に、男が子ども連れて予防接種に行くなんて、誰かに見られたら恥ずかしい」と思うかもしれないし、それが鬱の男性なら更に自分を惨めに感じてしまったりするかもしれない。更に更に「どうせおまえはオレをバカにしてるんだろう」と妻をなじることさえするかもしれない。

世のお父さん方には、父親が子どものことで動くことに恥ずかしさを感じるというヘンテコな価値観を変えていって欲しいもんだ。うちの夫を見習いなさい。………いや、それはやめといたほうがいいけど。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。