10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茫然自失

ちょっと今、茫然自失状態。

わけあって、ここ1年ほど疎遠にしていた人がいる。疎遠にせざるをえなかったのは、共通の知人との行き違いが原因であって、その人本人と私との間には特に問題はなかった。機会があれば、またおつきあいを再開させたいと思っていた。

さっき、ふとその人のことを思い出した。
その道ではそれなりに活躍している人なので、名前で検索するといくつかヒットする。
検索結果を見て、目を疑った。

そこにあったのは、その人の訃報だった。
去年半ば、体調が悪くなった。癌だった。闘病生活わずか2ヶ月ほどで逝ってしまった。

私より年も若い人だったのに。

知らないうちに病んで、知らないうちに逝ってしまった。私は見知らぬ人のブログで、ついさっきそれを知った。もちろん葬儀も終わっていて、私に出来ることは何もない。

数年前に中学・高校通しての友人を喪った時も、私は知らなかった。半年も過ぎてから届いた訃報に、あの時も茫然とするしか出来なかった。

私は、いつも遅すぎるのだ。
否、本当に知るべき人たちにはとっくに連絡はされていたのだ。私はそもそもそれだけの関係に過ぎない、だからすぐに知らされないだけ。でもなんだか、そうなのだとしたら、私なんかが悲しんではおかしいかしら、若くして死んだ人を悼む【自分】に陶酔しているだけなのかしら、という気になる(と、書くと、そんなことないよ、と言葉をかけてくださる優しい方がいるのも承知の上で)。

混乱しているので、何を書いているのかよくわからなくなってきた。とにかく、今はただ、陳腐に「信じられない」と言うしかない、そんな気持ちだ。
スポンサーサイト

私も、あまり一緒に仕事をすることはなかったのですが、信頼していた同業者を一昨年亡くしました。まだ若かったのに、子宮ガンで。
訃報を聞いて、なぜお見舞いへ行ったとき、もうちょっと実のある話が出来なかったんだろうと、未だに悔やまれます。

>みかんさん

もっと前に知っていたら…と思ってしまうけれど、いつ死ぬかわからないのは自分も同じだし、目の前の人たちも、みんな、そうなんですよね。
病気・事故、それに震災…。だから、「いつかそのうち」じゃなくて、その時にできることをやらないといけないんですよね。
…とても難しいことなんですけど。
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。