08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師面談/見舞い

日曜日は父を見舞う。開腹手術ではないので、至って元気だ。明日別の手術をやる。それも内視鏡手術かなんかなので、そんなに大変ではないと思う。

4人部屋だが、一人一人にテレビと電話(直接本人がかけられる&受けられる電話)とロッカーと冷蔵庫がついている。それらの設備を借りるのが一日5,000円というのに驚愕。一日あたりで、ですよ。しかも電話だけ借りたいというようなバラでの利用はできないそうだ。借りなくてもいいんだけど、父は見栄はりたいらしい。

見舞いに娘も連れて行ったら、寝巻き姿で無精ひげを生やしたおじいちゃんを見て、泣き出した。「おじいちゃんが病気で悲しい。入院したから涙が出る」と言いながら。たぶん、この状況に対して一番純粋に心を痛めているのは彼女なのだろう。


父の見舞いに行く前に、私は単独で夫の担当医にアポを取り、話をさせてもらっていた。
今回のプチ失踪のことは医師も知っているが、私も医師も詳細を知らないので、なんとも判断つかず。
ただ、最近の夫の様子については、特に問題があるようには見えなかった、と言っていた。デイケアにはほぼ毎日来ていたし、当初デイケア中に頻発していた過呼吸発作もなくなっていて、生活リズムが整ってきたように思われた、と。
とはいえ、仕事に就けないことと普通の家庭生活が送れないことへの焦燥感と不安感は確かに大きくあって、それらについて考えると絶望的な気持ちになる、ということを訴えていたらしい。

まぁ、結果を言えば、「しょうがないですねー、このまま様子見ていきましょう」みたいな。

通電療法とか認知療法とかやらないの?という素朴な疑問もぶつけてみたのだけれど、夫の症状には向いていないとのこと。
「認知療法は、たとえば奥さんみたいなタイプが鬱になった時には向いてるんですけどねぇ」だそうだ。そうなった暁には是非やっていただきたいものです。

今日はふらりと吉祥寺ユザワヤへ。
フラのパウスカートの生地を探しに行ったのだが、めぼしいものがなく、何も買わずに帰ってきた。娘は舞台衣装用生地のコーナーで、ラメ入りやらサテンやらラインストーンやらが散りばめられた品物を手にして「これがいい、これを買え」と迫ってきたが、もちろん却下した。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。