10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来館と「もんなか」

日本科学未来館の「THE 世界一展」を観に行ってきた。

だいぶ前に、「小学校」で配布されたチラシを見て娘が行きたがっていたのだけれど、3月・4月とバタバタで、結局会期終了間近の今になった。中学生になったし。中学生料金も小学生料金も同じなのが地味に嬉しい。

日本科学未来館は二度目なので、プラネタリウムや常設展はスルーし、企画展だけ観てランチ食べて、さっさと退場。そもそも到着したのが昼ごろだったので、予約制のプラネタリウムにはもう入れなかったしね。

それでもまだ3時少し前。天気も良く、行楽日和。このまま帰るのももったいないっつーことで、都バスで門前仲町(通称:もんなか)に向かい、富岡八幡宮と深川不動を参詣。富岡八幡宮には宝石をふんだんに使った豪華神輿が展示されており、娘がしきりに「売ったらいくらだろう?」と気にしていた。売りもんじゃないわ。あと、伊能忠敬の測量スタート地点がここだそうで、銅像が設置されていた。そっちの値段は気にならなかったようだ。

近くに深川不動堂がある。富岡八幡宮もだが、こちらも初めて訪れる。お寺だけど、もはやビルの堂内に参拝コースがあり、本堂入ってすぐには「お願い不動」という巨大なお不動さんがおわす。ちょうどタイミングよく、お不動さんに直接触って祈願することができるという時間帯にあたったようで(毎日じゃなくて、月に何回かだけらしい)、順番に並んで、お不動さんをなでなで。

この「お願い不動」さんは巨大で立派だが、ご本尊は別にある。さらに他にもそれはそれはたくさんの仏像。というか、広い。建物が。地下はホール、3階は事務所か何かで入れないが、1・2・4階にそれぞれ見どころがあり、いろんな形でお参りできるようになっている。各種のお札も賽銭箱もあらゆるところにある。クリスタルに囲まれてみたり、巨大天井画があったり、ブラックライトに照らし出された仏画を前に簡易型四国八十八カ所巡拝ができたりと、ちょっとしたテーマパークのようだ。マンダラの中に自分が入ったみたい。宗教施設に対してこういう感想が妥当かどうか悩むが、おもしろい。

科学未来館で歩き、もんなかでも歩き、それぞれが見ごたえたっぷりで、疲れた。休憩がてら、「もんなか」商店街の甘味処「深川伊勢屋」に入る。あんみつでも食べようかい、と思ったが「あさりの美味しい季節だけの限定メニュー」という触れ込みに押されて、「あさり焼きそば」をオーダー。深川ですし、あさり、行くべきでしょ、うん。

大福等で有名な菓子店に隣接する形の食事・甘味処だが、食事類が何故か中華メイン。そして、メニューの数が半端なく多い。最初の見開きは「あんかけ焼きそば」や「チャーハン」「ラーメン」といった麺類、それと、いくつかのどんぶり物(深川飯もちゃんとある)、そして次の見開きには青椒肉絲や回鍋肉、餃子といった一品料理が並び、その次の見開きにようやく甘味。最後は飲み物でジュース類のほか、ビールにサワーに紹興酒。

このカオスぶりがすごい。しかも「あさり焼きそば」がめちゃくちゃウマイ。娘はあんみつ、夫はクリームみつ豆を頼み、それぞれを少しずつシェア。甘味ののほうは、まぁ、予想通りのあんみつだった。

「もんなか」にはママ友がいるので、「もんなかであんみつなう」とメールしたら(ツイッターでもFacebookでもなく)、返事が今朝来て「甘味だったらそこより一本裏の道にある店のほうが美味しい」とのこと。昨日言ってくれ。でもあさり焼きそばが美味しかったからいいや。

下町情緒がふんだんに味わえて、観光的な意味合いでの見どころもあって、かといって浅草ほど大きくないから回りやすい。
なかなかいいとこでした、もんなか。

スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。