04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰得箱根旅行記その3

二日目の日曜朝。雨。そして、午後に向けてますますひどくなるという予報。

悩む。

この日は、芦ノ湖・大涌谷観光逆回りコース(と私が勝手に呼んでいる)。つまり元箱根から桃源台港まで海賊船、そこからロープウェイで大涌谷、昼ごろ強羅に着いて、強羅で昼食という予定だった。

その時点では海賊船もロープウェイも運航休止の知らせが出ていなかったけれど、早い段階で休止しそうな気がして(箱根オタの勘)、予定では海賊船第二便に乗るのだが、それを早めてチェックアウトし、第一便で行ける所まで行くか。しかし、この天気では景色は何も楽しめないだろうし。だが黒玉子は食べたい(えっ、そこ?)。大涌谷の観光センターが黒たまご館として今年1月にリニューアルしたというし、見てみたいじゃないか。

…でもきっと、そうまでして見るべきものでもないとはわかっているので、ここはせっかくの良いホテル、レイトチェックアウトで昼までホテルライフを味わうのもいいんじゃないか、という気持ちもすごくある。揺れるヲタ心。

でも結局、まだギリギリ海賊船が動いていそうだったので、行程表通りに出発した。
ホテルの送迎バスで元箱根港に着く。乗り場に行くと、第一便が出港した後ろ姿が見えた。ああ良かった、運航している…と思ったのもつかの間、駅員さん(港員さんというの?)が無情にも第二便以降休止の知らせをアナウンス。パスで隣の箱根町港に行けば、桃源台港から出ている周回コースの第一便の復路に乗れる可能性はあると教えてもらったが、そこまで無理する気は起きない。苦労して桃源台港まで行ってもロープウェイが止まる可能性も大きいし…。

気持ちを切り替えて、昼食をとる予定の強羅に直行することを決めた。

この「強羅で昼食」が、二日目のメインイベントで、強羅花壇で懐石をいただくのだ。もちろん旅行クーポンに含まれる。自腹じゃ絶対入れない価格帯。大涌谷をまわってからの昼食ということで、遅めの1時半スタートで予約してもらってあった。

しかし、逆回りコースがまるっとなくなってしまったため、バスで強羅に直行することになり、10時ちょい過ぎには強羅に着いてしまった。とりあえず登山鉄道で「公園上」に行き、強羅公園に行く。天気が良くてバラの盛りでもあれば散策するだけでもそれなりに時間がつぶせるが、この雨ではそうも行かない。あとはクラフトハウスという施設で物作り体験ができるのだが、こちらは雨宿りがてらの人たちで大盛況。予約待ちになっていて、逆にそこまでの時間はない。お金かかるし(また金か!!)。

そこで強羅花壇さんに電話して、時間を早めてもらえないか聞いてみると、11時半からなら大丈夫と言っていただけたので、それでお願いした。

頃合いを見計らって強羅公園を後にし、てくてく歩いて向かう。「てくてく」などと書くとのんびり穏やかな感じだが、実際はこの時、結構な豪雨で、歩いている人なんかいやしない。傘をさしたところでずぶぬれ。娘は折り畳み傘が嫌いで雨合羽を持ってきていたのだが、これが大正解。ポンチョタイプなのでリュックごと着られる。

そうこうして、徒歩でずぶぬれでたどり着く客なんていないだろうと思われる高級店、強羅花壇に到着。


通された部屋は2階の個室。聞くところによると、パンフレット写真にも使われる「一番いいお部屋」なのだそうだ。

ここでも飲み物は自腹。立派なワインリストもあるが、一番安い地ビールを注文。夫は自家製ジンジャーエール、娘は自家製柚子みつのソーダ割り。柚子みつ、娘のを少し飲ませてもらったらとても美味しかった。

お料理は、懐石にしてはしっかりした味付け。人によっては濃すぎると思うかもしれないけど、我が家好み。
娘は、先付のホタルイカや、汁椀のごま豆腐など、普段あまり食べたがらない食材もぱくぱく食べている。「なんか盛り付けがオシャレでかっこいいよねー。いかにも高そうって感じー。どれも美味しいー」とか言ってる。「懐石なんて次はいつ食べられるかわからないんだから、よーくよーく記憶に残すように。それから、『こんなの食べさせてもらったことない』って言わないでね!!」と貧乏くさい釘をさす。

どれもこれも美味しかった。強いて言えば、若干配ぜんのペースが速い。
でも、どうやら私たちが時間変更をしたせいで、大わらわだったよう。

本当はこんな家族3人連れは1階のテーブル席が並ぶ大広間に通されるようなことを小耳にはさんだ。ただ、その時間、大広間に団体客が入っていたため個室しか用意できなくて、我が家としてはラッキーなんだが、個室になったみたい。で、この個室には間を開けずに次の予約客があるものだから、なんとなく急かされていた風。

それでも2時間近くはいたのだから、「慌ただしかった」と言ったら悪いだろうな。お店側が1組様2時間を目安にしている、と言っていたので、長過ぎるというわけでもないはずだが。

やべー、昼ごはんで時間切れだよ。あとはまた次の記事にて(なげーよ!)。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。