09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰得箱根旅行記その2

ホテルは、山のホテルだ。芦ノ湖遊覧船からよく見えるホテル。ツツジの名所として有名。

17時頃到着したが、陽のあるうちにと思って庭園を散策。
思っていたより広い庭で、一回りするだけでも結構歩いた。これで一面のツツジだったらさぞや壮観だろうと思う。

いったん部屋に戻り、夕食へ。和食・洋食から選択できるが、フレンチのほうにした。和食レストランのほうが上の階にあり眺望は良いらしいが、夜だし、天気もさほど良くなかったので特に問題なし。

飲み物は旅行クーポンに含まれていないため、ちょっと悩む。いつもの保養所だったら、酒屋の店頭で買うのと大差ない価格(ビール380円とか…ソフトドリンクなんか200円以下)だから躊躇も少ないのだけれど。「宿泊費・食事代がタダなのに、飲み物代に何千円もかけたらもったいない」か、「宿泊費・食事代がタダなのだから、奮発して飲んじゃおう」か、どちらのスタンスか…。結局、奮発するほうを選び、飲み物代だけで5,000円近くかかってしまった。

料理は、意外とあっさり。野菜多め。繊細できれいな盛り付け。奇をてらったものはない。料理名を見て想像する通りの物が出てくる。総じて味もボリュームもお上品で、我が家には若干物足りない。肉も魚も出るフルコースだったらよかったのかも。ランチなら満足。あ、でも一般的な胃袋の方には充分だと思う。うちが大食漢なだけ。

スタッフはみなさん感じよく、対応は申し分ない。

食事を終えて少し休憩してから、メインイベントのひとつ、大浴場(温泉)へ。ルームキーが2つあるので夫も同時に温泉に向かう。娘との2人旅や、いつもの保養所だとキーが1つしかもらえないことも多くて、なにげに不便なのだよね。単独行動がしづらくて。

まだ食事中の人も多いのか、浴場は空いていた。露天もある。湯温はこういうところの温泉にしてはぬるめで、熱いお湯の苦手な娘もすんなり入れていた。露天は入るまでは激しく寒かったけど入ると極楽。さらに娘、ミストサウナを初体験。1分ぐらいでギブアップしていたけど。私もミストじゃないサウナは苦手だから気持ちはわかる。
最後に着替え場のマッサージチェアもしっかり堪能。

あとは部屋だだーらだーら。あ、娘は持参した塾の宿題をやったよ。私は別に持って行けとも言わなかったし、そもそも持ってきたことも知らなくて、荷物をほどいていた時にテキストが出てきて驚いた。そのくせやろうとしないので「せっかく持ってきたんだったら、やれば?」と言うと、「あー、持ってこなきゃ良かったー」とか言ってる。それでも不平はその一言ぐらいで、素直にやっていたのは偉いぞ。

「今日は夜更かしするんだっ」と言っていた娘も23時頃には寝たようだ。私はそれより先にウトウトしていた。

翌朝、6時頃に自然に目が覚めた。娘も同じぐらいに起きてきて、一緒に朝風呂に行くと、昨晩よりよほど込んでいた。珍しく夫も朝風呂に行き、やはり込んでいたと言っていた。

朝食も洋食をセレクト。いちごのジャムが美味しかったなー。芦ノ湖側の窓際の席だったが、あいにくの雨模様で視界はよくない。

さてと、ホテルの話をしたところで、今日はここまで。一泊二日の旅行のことを何回書く気だ。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。