08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修了式と卒業式(修了式編)

月曜日に修了式、昨日は卒業式。

修了式と言えば通信簿。前期と比較すると微妙に上がっていたかな。すごくよくもなければ悪くもない、コメントしづらい感じの成績で6年生修了。

そして、娘にはもうひとつ、担任から渡されたものあった。それは、

皆勤賞!!

「6年間皆勤」じゃなくて、6年生の1年間無欠席、ですが、娘が生まれてこの方、初めてもらう皆勤賞。ちなみに私は一度ももらったことはない。元気だけが取り柄…っていうのもちょっと小っ恥ずかしい気もするんだが、でも、やっぱりこればっかりは努力すればもらえるってものではないし、かといって努力せずしてもらえるというのでもないので、嬉しくありがたい。

最近は、皆勤賞を表彰すると「僕も・私もほめられたい」と思って、風邪気味なのに皆勤賞の為に無理して登校したり、果てはインフルの可能性があってもわざと検査をしないで(陽性と言われると休まざるを得ないから)、登校する子がいて、それでは本末転倒だということで、あえて表彰しない学校が多いようだ。

でも、クラス単位では、担任の価値観や裁量で表彰してくれることもまた多いみたいで、娘の担任は何しろ「健康第一・スポーツ至上主義」だから、当然のように手製の表彰状を作って、クラス全員の前で渡して下さったようだ。今年は、うちの子と、もう1人の男の子の2人が皆勤賞だったらしい。

娘も体調不良だった日が幾日かあったのだが、どれも電車の中とかの通学途中で「気持ち悪い」と言いだしたため、家に戻るに戻れず、「とりあえず保健室に行って。どうしても無理なら迎えに行くから早退しよう」と言い含めて、結果、「1時間目寝てたら治った。給食も食べたし、体育もやった」という感じで済んだ。それが何回かはあったので、本当言うと元気バリバリの1年間、というわけではなかった。それでもまぁ、一応、皆勤賞は皆勤賞。

それとここ2年連続で罹っていたインフルも今年は回避。発熱もなかった。

そりゃもう、この1年、何に気を付けたかって、「試験日に向けての体調管理」。勉強は本人に任せるほかないが、体調管理は一応私の責任であろうと思うので、予防接種にマスク着用、首からぶらさげるタイプの抗ウィルス薬、ほかにも生ものや貝類は食べさせないとか、基本の手洗いうがいも改めて徹底させるとか、いろいろと。「睡眠時間」に関しては受験生となると小学生と言えどどうしても限られてくるので、その他の面でできる限りのケアはしたつもり。それでも罹る時は罹るんで、それは仕方ないと思っていたけど、「あの時こうしていれば」と思わないで済むだけの実績作りには励んだ。

だから、なーんもしないで得た皆勤賞、ではなく、娘も私も確かに元気でいられるようにがんばったのは事実なので、だからこそ嬉しかった。中学受験は親子の受験…と言われるゆえんには、こういう面も入っているんだなぁと思った。

試験の願書に添付する書類に出席日数を書き入れつつ「今のところ皆勤だから、試験の後もがんばれば皆勤賞もらえるかもよ?」と言ったとき、「じゃーがんばる!!」と言い、みごとそれを果たした娘。いただいた皆勤賞は、うすっぺらいコピー用紙の賞状だったけど、まんざらでもない様子だった。

スポンサーサイト

おめでとうございます

祝!皆勤賞&ご卒業。

6年間皆勤はすごいですね。
小学生といえば、まだまだ病気にかかりやすい年齢ですから、
母親のバックアップあってこそ、ですわね。

そして身体もそうですけど、心も強くないと達成できない希ガス。
体調が微妙なとき、学校行きたくない成分があったら、休む方向に行っちゃいますから…
娘さんはその意味でもエライ!と思います。

>まきまきさん

誤解を招いて申し訳ない、皆勤はこの1年だけです。6年生の1年間。てへぺろ。

自分自身は「学校に行きたくない成分多め」のこどもだったので、皆勤賞とは無縁でした。

姪は幼稚園~中学卒業まで、パーフェクト皆勤でした。
しかも兄が転勤族だったため、幼稚園は1回、小学校は2回転校した上での快挙(ちゃんと前の学校から申し送りが来るので通算してもらえるみたいですね)。

インフルや骨折もあったけど、すべて夏休み冬休みだったとか…。姪、心身ものすごく強い子です。母親(次兄嫁)がキツイから、あれじゃなきゃやっていられんのだろう、と、もっぱらの評判です(←小姑根性丸出し発言)

中学も「行きたくない」にならないでいられるよう、願っています。
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。