05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の発表会

娘の、ヤマハ最後の発表会が終わった。

丸9年。日々の練習なんて全然しない。レッスン直前に慌てて1時間ほど練習する程度。コンクールなんて夢のまた夢。そんな低レベルのまま、ここまで来ちゃった。そんな低レベルだから続けられたというのもあるが。

私としては、ひとつ目安として「小学校でピアノの伴奏をやる」というのが密かに娘に望んでいた夢だったのだけれど、それも遂になかったなぁ。娘の学年はピアノを習っている(習っていた)子がとても多かったし、結構本気度の高い、コンクール入賞レベルが3人いて、出る幕がなかったのだ。大きな式典じゃない、「小さな役」でのピアノ伴奏の場もあったので、そのぐらいだったら立候補のひとつもすればチャンスがなかったわけではないと思うが、例のごとく娘にそういう気概はないので。

発表会の演奏曲は「英雄の証」という、ゲーム「モンスターハンター」の曲。私はモンハンを全くやらないので、当然全く知らない曲。娘も知らないし、一緒に弾く子も知らない。ひとつ下のクラスの子たちと総勢5人で弾くが、その子たちのリクエストでもなく、先生が決めたそうだ。ゲーム曲かぁ、と少々がっかりしたけれど、youtubeで聴いてみたら、勇壮な曲でエレクトーン映えする曲かもな、と思った。まさにエレクトーンで演奏している動画もあり、1人または2人で弾いても結構格好よかった。5人で弾くとなると随分ボリュームのあるものになりそうだけど、そのへんは先生のアレンジの腕によるところが大きく、家での練習だと娘のパートしか聴けないから、全体像は当日までどうなるかわからない。

そして当日。
直前リハーサルで音色変更のタイミングを間違えるなど、ボロボロだったらしい娘(リハは親は見られない)。「どうしよう、全然できなかったよ~」と焦っていたけれど、本番はとっても上手にできていて、想像以上に聴きごたえのある演奏だった。私としては珍しく手放しでほめ、本人も「リハーサルで緊張のピークで、それで失敗したから、本番はもうどうにでもなれって感じでやった。緊張してもしなくてもどうせおんなじなんだから、って開き直ってやったらできた」とのこと。

プログラム上は、発表会のほぼトリ。娘の後に1組だけ演奏する上位クラスの子たちがいるけど、このクラスになると先生によるレッスンというより、軽音楽部みたいなノリで自分たちのやりたい曲をやる形式。アレンジも自分たちでやったのか、正直、あまり上手じゃなくて、娘たちのほうが良かった…かな。その子たちはジャズ曲だったので、もともとエレクトーンで「聴かせる」のは結構難しい。

なにはともあれ、最後の発表会で満足の行く演奏ができて良かった。

あ、ヤマハは5月が新学期なので、一応4月末までレッスンはある。あともうちょい、がんばれ。

その後は、吹奏楽部でがんばるのかヤマハ以外の個人ピアノ教室に入る等するのか、そのあたりは未定だけど、何かしらの形で音楽には携わっていてくれるといいなぁと思う。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。