08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子ってー 番外編

「アナと雪の女王」を見た日は、実を言うと、一昨年参加したオペラの主宰者の新作上演があった。

娘が参加したとき、稽古開始時点で小4と中1の子が多かった(上演時点では小5と中2)。つまり受験学年じゃない。この経験に対するこどもたちの反応はとても良かったし、終わった後も「またやりたい」という子がほとんどだった。先生も手応えがあったんじゃないかな、と思う。

娘たちの舞台が終わった数ヵ月後、主宰の先生から「2014年3月にも公演をすることが決定したから、出演者募集」という連絡が来た。

しかし、その稽古期間は2013年の夏~14年3月。ちょうど受験勉強本番の時期に重なってしまい、一緒にやったメンバーのほとんどが参加を見送った。その後のメンバー募集の苦労を参加した大人の出演者から聞いて、申し訳ないことをしたかなとは思ったけど、仕方なかった。

その本番の舞台。

女子ってー」でもお馴染みのタマちゃんもKちゃんも観に行くと言っていたが、うちは行かなかった。その理由のひとつは、まさに「タマちゃんもKちゃんも観に行くから」だったりする。会場で会えばまたなんやかんや起こるだろう。自由席だし「待ち合わせて、近くに座ろう」ってな話にもなるかもしれないし、終わったら一緒にごはんでも、ってな話になるやもしれず、あるいは「お花とかどうします?連名で渡す?」という展開だって考えられる。そして、最悪なことにタマちゃんとKちゃんは仲が悪くて、ピヨリは双方と適度な距離を保ちつつ平和的な関係を築いている。双方から時間差であれこれ言われたら困るのは我が家。面倒くせぇ。

それに、ヤマハのレッスン時間に重なっている、というのも大きな理由。普段ならともかく、発表会前最後のレッスンだ。とはいえリハーサルが翌日の日曜日にあるから、休んでもなんとかなる、かもしれなかった。現に娘のクラスの相方ちゃんは、この最後のレッスンを「所属しているサッカーチームの試合」を理由に休んでいた。それでも、私としては、この状況ではヤマハのレッスンのほうが大事だった。

あとは、演目があまり興味が持てなかった・会場が娘たちの時のような大きなところではなく、小劇団クラスの芝居小屋で魅力が感じられなかった・音響もあまりよくないはずのその小屋で、自分の子が出ているわけでもないオペラを観るのに1万円かけるのはもったいないと思った……といった理由。

それでも娘がどうしても観たいと言えば、なんとかやりくりして観に行ってもいいとは思っていたのだけど、今回の主役が、自分たちと一緒にやった時の憬れの人じゃないことと、やはり会場がショボいこと(失礼)で、テンションが下がっていて、「うーん、どっちでもいいや」という感じだったので、「じゃ、やめよ」ってことに。

明けて月曜日、タマちゃんから感想を聞いたピヨリ。
いわく、「◎ちゃん(唯一小6で出演した、前回公演の時に仲良くなった子)がすっごい端役だった」「オケが人数少なくてショボかった」「ソリストの男性の声がかすれていた」とダメだしばかり…。ああ、タマちゃんに聞くんじゃなかった。タマちゃんの口からは悪口と不平しか出てこないのさ。

でも、娘にとっては、自分が観に行かなかった舞台が「素晴らしかった!観に行くべきだったよ!」という絶賛の嵐だったら、それはそれで微妙な気持ちになったはずで、今回ばかりはタマちゃんの罵詈雑言で救われた面もあったかも。

私は、それとなく娘のテンションが下がる方向に誘導してしまった自覚と罪悪感があり、それを補うべく「アナと雪の女王」に連れだした…というのが正直なところ。

「女子ってー」問題は、こんな休日の過ごし方にまで地味に関係してくるんから、まいっちゃうよね。


スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。