10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の命

今日はりんたろ誕生日。5歳になりました。

昼間、社長と一緒に客先に打ち合わせに行った。
私は初対面の方だったので名刺交換をして、少し世間話などしてから、さて本題、という段になって、その方の携帯電話が鳴った。

「失礼」と言って、応接室を出て行かれ、少し違和感。打ち合わせ中に電話に出るのは、基本的にマナー違反だと思っていたので。一応こちらは社長なわけだし。ま、先方も多忙な編集長さんなので、仕方ないかな~と思っていたら、割とすぐに戻ってこられた。

様子がおかしい。顔色が、青いというより、土気色になっている。肘をついて、額に手をやり、フーっと深いため息。

大きな仕事がコケたのか?
…と思っていたら、電話については何も語らず、ただ資料のプリントを私たちに差し出し、「えーと、これなんですけどね…」と話し出した。でも、その声に生気がない。
そして、そのまま押し黙ってしまった。

「大丈夫ですか」と社長が声をかけた。
「…えぇ、あの。実は、親父が、死にまして」

それからまた深く深く息を吐いて、壁のほうを見た。
泣くのかと思ったが、さすがにそれはなかった。
「まぁ、前から調子が悪くて。最近は特に…昨日も、医者に呼ばれまして、会いにいって…。まぁ、年内もつかどうかとは言われていたんですけど、こんなに早くとは…」
「おいくつぐらい?」
「ななじゅう…79ですね。物が食えなくなってたから、昨日も、もうガリガリで…」言いながら、口の中で、もう一度、79歳、一時半に逝きました、と独り言のように言った。
「ご実家は?」
「●●です」と、都内から2時間ほど離れた場所を言った。
「ご兄弟かどなたか、いらっしゃったんですか」
「えぇ、僕は3番目で、1番上の兄貴が同居してたので。今の電話も、兄貴からで…まぁ、昨日、そんなだったものですから、すみません、いつもはこういうとき、携帯には出ないんですけど、今日は…」

打ち合わせどころの雰囲気ではなかったし、すっかり放心していたその方は会話自体がしんどそうだったので、挨拶もそこそこに引き揚げることとなった。


今日、ある人が、79歳で、1時半に逝きました。
娘は、5年前の今日、1時59分に生まれました。

逝く命と生まれてくる命。

いつかは逝ってしまうものだから、愛しんでほしいと思う。
自分の命を。

生まれてきてくれてありがとう。
スポンサーサイト

りんちゃん、お誕生日おめでとう

もう昨日になっちゃったけど、お誕生日おめでとう~。
毎年誕生日には生まれた日のことを思い出してしまうよね。

79歳かぁ。うちの母親と同じくらいだー。
CAKEさんの最後の言葉を読んで、自分の命も価値あるものなのだという気に少~しなりました。
自分にとってはあんまり価値ないんだけどね(笑)
というか二束三文で叩き売りたいくらいだわーー
自分の命を愛しんで生きていくって、大事だよね。
残り半分の人生、もう愛しむ価値がないような気もするけど(爆)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ぷみさん(?)

投稿者のお名前がなかったんだけど、ぷみさんかな(笑)
違ったらすみません。

うちの両親も70代なんですよ。だから、そういうことを考えなくちゃいけない年なんだなぁ。クソババァとか言ってちゃいけないよなぁ…と、一瞬反省します。一瞬ね。

自分の命は大事ですよ!叩き売っちゃイヤン!
つーてもねー、本気でそう思ったのは子どもを持ってからかも。前は「一秒後に死んでも別にいーや」と思ってたし、それが「だから、一秒後に死んでも悔いが残らないようにしよう」という意味での生きる原動力になっていたんだけど、今はもっと、そういうカッコイー言葉じゃなくて、動物的なレベルで「死にたくないな」と思う。子どもが1人で生きていけるようになるまでは死なないようにがんばろうと思う(笑)。

どうせ死なないように生きていくなら、自分のことを大事にして、生を楽しんだほうがいいし。死ぬまで愛しんでいきますよ。あたしゃ!(笑)

>内緒コメントさん

あれから5年、感慨深いですねー。

外から触っても、筋腫なのか胎児なのか区別できなかったあの頃。
あの筋腫が、じゃなくて、子どもが、歩いてしゃべって自分でトイレに行ってますよ。

ニンプゥ日記、どっかに公開する気持ちは、今でもあるんですけどね。って、これも何年も言ってるね(笑)

あはははー

なんかタイトルだけ書いてそれで満足しちゃったかも(笑)
よくわたしだと分かりましたなー。
って分かるか。

今自分が死んだら親がどんだけ悲しむか、って自分が子供を産んで想像できるようになって、あー死んだらいけないなと思いますわ。
子供に対してはね、どっちみち自分が先に死ぬんだから~なんて結構冷たい(笑)
でもやっぱ、小学生や中学生のムスコを見てみたいので死にませんけどね。
きっとそのときになったら「このクソガキがー」って思ってると思うけど(笑)

>やっぱりぷみさん(笑)

分かるんですよ。ウフフのフ。

私は、長生きして「孫を溺愛」ってーのをしてみたいですYO!

娘が子ども生むかどうかわかんないけど、もし生むなら、新生児にブチューとかして「やめてよ!ミュータンス菌がうつる!」とか言われたい。食事前だろうが、お菓子とかばんばん与える。無責任に、後先考えずに甘やかすってのに憧れるわ~←「やられていやなことはしちゃいけません」に思い切り反する行為
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。