10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休ディナー(補足した)

3連休ですが、半径300m以内で過ごしました。外出はスーパーに行っただけ。

一応娘も受験生のはしくれなので、風邪やインフルエンザ予防に混雑を避けて…と言えば聞こえはいいですが、出かける気力と財力がなかったというのが正直なところです。しかも受験生と言いつつ土日にあった直前模試は申し込まずに、家で過去問をやらせています。でもなんやかんやテレビ見たり鏡開きのお汁粉食べたりで、のんびりとした雰囲気。むしろ今こそお正月って感じ。

ひとつくらいは「休日ならでは」っぽいことをしようと、昨日は2時間かけて料理をしました。普段30分クッキングなので、私としてはどえりゃー労力かけた気がしています。


結構良い感じにコース料理風に仕上がったので、メモ代わりに書いておきましょう。基本的に3人前(我が家換算)。

【前菜】
P1120011.jpg

ナスとドライトマトのオリーブオイル和え:
ドライトマト3枚を熱湯に浸して戻す。ナス(2本)は5mm厚に切って素焼き(我が家ではフィッシュロースター使用)。ナスが焼けたら刻んだドライトマトをのせて、塩コショウ、オリーブオイルをまわしかける。

鶏レバーのカナッペ:
出来合いの鶏レバーの赤ワイン煮(消費期限間近なのを半額で購入。その中から焼き鳥一本分程度しか使わず)を細かくして、薄切りにしたフランスパンにのせる。本当は丁寧にすりつぶして生クリームとかバターとか合わせてムースっぽくしたら美味しかろうと思ったけど材料ないし面倒なのでやめた。

ホタテとカニのカクテル:
刺身用ホタテ(正月用に買ったけど使わなかった冷凍品)を8mm角ぐらいに切る。カニの身をほぐす(日替わりセールで一杯1000円のボイルズワイカニを購入。それの半量使用)。マヨネーズ少々とレモン汁で和える。

【スープ】
ミネストローネ風野菜スープ:
P1120013.jpg
セロリ大き目の一本をみじん切り。ニンニク一片もみじん切り。にんにくをオリーブオイルで炒めて、セロリも投入して、水をガーッと入れて、緑レンズ豆と押し麦をそれぞれお玉一杯分ぐらい入れて、チキンブイヨン入れて、煮る。豆がそこはかとなくやわらかくなったところで、トマトの水煮缶を半分ぐらい入れてまた煮る。

【メイン】
ラムチョップ:
P1120014.jpg
ラムチョップ(日替わりセールで4本1200円)に添付されていたスパイスをまぶす。フライパンで焼き目をつける。ラムの獣臭さが気になる人は脂身をそぐとよろしい。私はそれがラムの醍醐味と思うほうなのでそがない。その脂で焼くし。だからフライパンに脂はひかない。余分な脂が落ちて一石二鳥。その後、230度に温めたオーブンで5分焼く。
若芽ひじきをさっと湯がいたものを敷いた皿の上に盛り付け。別に若芽ひじきである必要はない。冷蔵庫にあった彩りよさげな野菜がこれしかなかっただけ。

【デザート】
ロールケーキ(チョコ) モンテールのロールケーキ。298円でなかなか侮れない美味しさ。5個にスライス済みなのも洗い物が面倒な私に大好評。

【パン】
くるみパン、レーズンパン、バケットを適当に切って軽く温めて。

【チーズ】
実はこれが地味に一番高級品かもしれない。デパ地下のチーズ専門店で年末に購入。ウォッシュ、青かび、カマンベール、ミモレット、ハードタイプの名前わかんないやつ(コンテっぽい?)、クリームチーズの6種がちょびちょび入って3,000円だった。今回はその中のバジルとトマトの入ったクリームチーズをバケットにぬりつけて食した。

【ワイン】
カルルロッシの赤。サイゼリヤワインと並ぶ安ワイン。アルコール度数も低く、軽い味わいで料理の邪魔はまったくしないのでワイン初心者と貧乏人におすすめ。ワインとチーズがあってもマリアージュ?ハァ何それ的な一品。


以上です。

カニとかホタテとか高級食材っぽいけど、ちょっとずつしか使っていないから、コスト計算したらそんなにかかってないと思う。3人分で2,000円ぐらいじゃないだろうか。節約雑誌だったら1食に2,000円は高いと怒られそうだが、まぁ今回はお出かけしたり、その出先で外食した場合のコストと比較していただきたいところ。そういうレジャーの一種と思えば安いでしょうや。

で、こんなにがんばって作ったオサレディナーを散々食べた後「なんか物足りないねー」って、私も含め3人で「芋けんぴ」を食べたのでありました。

カニの殻でとった出汁と、残ったカニの半量とで翌日はカニ雑炊。
P1130015.jpg

【翌日、この記事を見直しての補足】
昨日アップした記事を見て、料理写真がまずそうなことに我ながらびっくりした。みじん切りとか書いておきながらセロリがつながっていてみじんじゃねぇえ!ってなことはひとまず置いておいて(置いてくな)、実物通りと言えばそれまでだが、全体的に漂う某S山M希絵の料理のような雰囲気はなんなんだ。色合いか?光量不足?盛り付け?構図? 料理写真は難しいな。辻ちゃんってすごいんだな(失礼極まりない)

何が言いたいって、こんなマズそうな料理載せるとかどんだけ自己顕示欲強いんだよpgrと言われないための防御ですよ。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。