08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性懲りもなく箱根旅行

最近どこかに遠出するというと箱根なわけだが、また性懲りもなく行ってきた。

車がなくても移動しやすく、温泉があって、こどもも楽しめて、お金がかからない…という条件で考えると、箱根はうってつけ。ホテル相場が高いのが難点だけれど、会社の保養所があるのでそこもクリア。

今回箱根に行くことにしたのは、日曜日+娘の運動会の振替休+都民の日、で、学校が3連休になることがきっかけだった。

夏休みは夏期講習に追われ特に楽しいこともなく、家計に余裕があるわけでもなく、しかし、小人料金で旅行できるのも小学生までだし、一回ぐらいはどこかに連れて行ってやりたいものだが…と考えてはいた。

そこでこの3連休。私は8・9月の休日出勤で代休もくさるほどあって有給を使う必要がないほどだ。連休することに対しても文句は言わせねぇ!と、休みをもぎ取った。問題は、運動会が順延になった場合には休みの日が移動してしまう、ということ。だから直前まで宿や交通機関の手配ができず、ホテルが確定したのは2日前、フリーパスと行きのロマンスカー指定券を買ったのは、出発予定日の前日夕方だった。旅程もいつもほどには綿密に決めることができず、帰りのロマンスカーはその時になったら考える、ということにした。

夫は連休取りづらいというし、経済的な問題もあるので、留守番。


以下は、今回もまた自分向け旅行記録。例によって細かいだけなので、お好きな方だけどうぞ。



一日目:
09:00 新宿からロマンスカーで箱根湯本へ。
10:25 箱根湯本着。キャリーサービスで荷物をホテルへ送ったり、トイレ済ませたり。
11:00 登山鉄道で小田原まで戻り、バスでわんぱくらんどへ。(このバスはフリーパス圏外)。わんぱくらんどには飲食施設がないと事前にネットで見ていたので、小田原駅の売店でおにぎりやサンドイッチなど購入していった。

遊具は未就学児~低学年にちょうどいい感じで、娘には物足りなさそう。それでも長ーいローラー滑り台や、ポニー乗馬などは楽しんだ。

14:00 わんぱくらんどを出て、再び小田原駅へ。箱根湯本→強羅、ケーブルカーで公園上へ移動。

予定より早くわんぱくらんどを後にしたため時間に余裕があり、強羅公園へ。
バラを見たり、散策したり、フランクフルトを食べたりして、公園を後にする。徒歩で強羅へ。

ホテルのピックアップを頼むと5分ほどで来てくれた。そこから車で5分ほどのところにあるホテル。
保養所は30日からの一泊しか取れなかったので、急遽その前泊ができるホテルを探して予約した。直前なのと、日曜日泊ということで安くなっているプラン。

お部屋はとてもかわいらしく、シャンデリアがあったりして、娘は「かわいい!!」と大喜び。女性2人限定のプリンセスルームだと書いてあった。お風呂は温泉で大浴場。露天は特別室以外にはないようだが、大浴場も清潔で悪くはない。ただ、食事はいまいち。特にこどもの食事は冷凍食品みたいなものが多かった。それと食事時間が2部制で開始時間が決まっているせいか、給仕ペースが客のタイミングではなく、宿の配膳したいタイミングで供される。やけに待たされるかと思うと、食べ終わっていないうちに次のが来たり。

翌朝は強羅まで送ってもらい、電車とバスを乗り継いで、次の宿泊先である保養所へ。チェックインタイム前だったが対応してくれた。荷物を部屋に入れてもらい、宿泊者特典の彫刻の森の割引券を受け取る。

そこから彫刻の森はバスで行けば近いのだけれども、あえてのフリーパス駆使。
海賊船、ロープウェイ、ケーブルカーと乗り継ぐ。
本当は2日目ユネッサン、3日目彫刻の森を予定していたけれど、天候がもつのが2日目のこの日までの予報が出ていたため、スイッチして、2日目にして正解だった。雲は多めだったけれど、時折きれいに晴れることもあり、ロープウェイから富士山を眺めることもできた。
大涌谷の黒玉子ももちろん食べた。1個で7年寿命が延びるというから、今まで総計20個ぐらいは食べている私は140歳まで行けそうだ。

彫刻の森では彫刻カードラリーというのをやった。多少ゲーム性のある音声ガイドといったものだ。案外楽しめたが、かなり歩かされた。

彫刻の森から帰ってくる途上のケーブルカーで、イケメン運転士を発見。すると娘が「あの運転手さん、すごいイケメンじゃない?」と行ってきた。うわぉ、好みが似ているね!
で、娘を撮影する振りをして、ひたすら運転士動画を撮影。ネームプレートもチェックした。A田さん。素敵です♪ …って、ただのストーカー母娘。

17時頃にホテル着。早速温泉。そして夕食。前夜とうってかわって、ちゃんと美味しい料理で幸せ。あー、やっぱり旅行は食事が大事。

平日のため、周囲は赤ちゃん連れや老夫婦等ばかり。その中で娘は3杯飯を食べ、私は地ビール中瓶+日本酒1合をいただき、母娘二人旅とは思えないボリュームの飲食をしてみた。あー、楽しい。

翌朝は、朝から風呂。前泊のホテルでも朝晩入ったので、温泉4回目だ。それなのに、朝食後になって、朝風呂は眠くてパスした娘が温泉入るーと主張し、まさかの5回目。湯疲れした。

朝から湯疲れしているってーのに、この日はユネッサンだ。これも保養所には宿泊者割引があって、相当安くなる。
ユネッサンも4回目ぐらいかなー。前回は最後に裸ゾーンの温泉「森の湯」に入ったけど、温泉はもういいやってことで、水着ゾーンのみ。ウォータースライダーにドクターフィッシュにワイン風呂云々。このへんで楽しんだものは前回とほぼ同じ感じだけど、今回はすごく何かと空いていたのと、10/1からハロウィーン仕様とかで、装飾が変わっていたのが違うっちゃ違う。私は誕生日がハロウィーンなので、ハロウィーン仕様だととりあえず喜ぶ。

さて、14時半頃に、いつもならまだ遊ぶーと騒ぎ立てる娘も、さすがに雨の中何度もスライダーやったり、野外のお風呂に出たり入ったりして疲れたのか、珍しく「もういいや」と言い出した。もともと15時頃に出るつもりだったし、私も少々疲れたので、少し早いけど出ることにした。

着替えて、お土産物を見て、軽食を食べたら、それでも15時半ほどになり、ユネッサン前から箱根湯本までバスで行くと、到着時には16時少し過ぎ。今回は帰りのロマンスカーは予約していなくて、次のは何時かな、と電光掲示板に目をやると、16時18分。慌てて時計を見ると16時15分。

「次のロマンスカー、乗れるでしょうか」と窓口でまくしたて、すんごいギリギリセーフで乗れた。

いつも「のんびり」するために温泉旅行にいこうと思うのに、いつもどこかでダッシュせずにはいられない、箱根なのだった。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。