04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの宿題

明日から娘は夏休み。

昨日、担任の先生が、夏休みの用の宿題プリントの話をなさったそうだ。
国語・算数・理科・社会のまとめプリント。

「4教科だからな~、結構ボリュームあるぞー!! 欲しい人は手を挙げて!」と先生。
そこまで聞いて、(えっ、希望者制度なの? それじゃ手を挙げる子なんていないのでは…)と思いきや、ほぼ全員の手が挙がったそうだ。

そっかー、6年生ともなれば、先生の真意(全員やるのが当然だ!)ぐらい理解するってことか~。などと思いながら聞いていたのだけれど……

先生は、手を挙げている生徒のひとりを指して「○○さんは、塾の夏期講習行くの? じゃ、手、下げて」と言った。そしてその子の隣にも同様の質問。その後も続けざまに「夏期講習がある」子だったため面倒になったのか「今、手を挙げている中で、塾の夏期講習がある人は、手を下げて」と残りに向かって言った。

すると、娘も含め、クラスの大半が手を下し、残ったのは10人以下。

そして先生、手を下げた生徒たちに向かって、「おまえらはこれはやらなくていいから」。えええええ。

それでも、ある男の子が「でもセンセー、オレの塾、夏期講習1週間しかないから余裕あるんだよ! やるからプリントちょうだい!!」と言ったそうだ。えええええええ。

先生「あのねぇ、夏休みにそんなに勉強しなくていいから。体こわすよ? おまえら、ホント大変な時代に生まれたよな!すげぇと思うよホント! だからさ、夏期講習ある人はこのプリントあげないの、そう決めたの。塾がない日は、他の宿題もあるんだからそれやって、あとはしっかり寝て食って体を動かせよ! わかった? 行ってない人は、このプリントしっかりやっとけー! 休み明けにテストするからな~!」

ほぉぉぉぉぉぉ。

通塾・中学受験に対して良く思わない公立小学校もまだまだ多いと思う。それは公教育への批判であり、公立小学校中学校の教師不信の態度でもある…ととられるのだろう。中には受験すると言ったら態度が悪くなる先生もいるという話も聞く。

そんな中で、娘の学校はかなり協力的というか、高学年になると普段でも宿題量が減るし(通塾する生徒の負担軽減のため、とはっきり言われる)、面談でも受験前提で話が進んだりする。

だから、今回の夏休み宿題プリントの件も、想定内ではあるのだが、でもやっぱり、小学生にして、塾の夏期講習がある子が大半であることや、学校側がそういう姿勢だということには隔世の感を禁じえない。
スポンサーサイト

なるほど・・・

流石にお受験組が多い地域だと、小学校でもそういう対応をせざるを得ないのですね。

昔は、小学生の夏休みに宿題ドリルがあるのは当たり前だったけど、それさえも、塾の夏期講習が変えてしまっているのですね。

うちは、長女が小~高と、通して、殆ど宿題をやらない子だったので、特に小学校時代は、毎年夏休みの終わり頃には未消化の宿題をやらせるので四苦八苦でした。今思い出してもいやな思い出すぎます!(中2以降は完全に蚊帳の外でしたが・・・)

今の小学生って確かにお受験あるから、驚くほど勉強するけど、あまりに早くからそうやって詰め込みされるせいか、高校生くらいになると、すっかり息切れしちゃって、大学入る頃は、抜け殻のようになってしまう子が少なくない気がします。

一部の超優秀な子を除けば、一般的な子達に、そう長期間の勉強への集中力は持続が難しいと思うので、どうする事がベストなのか、いつも考えてしまいます。

・・・っていうか、日本の学校教育のやり方そのものにも大分、変化が必要な時期なんでしょうね。知識偏重教育→想像力重視の教育へ・・・。そういう転換が出来ないと、世界での競争には負けちゃうんだろうな~と。

いったい、そういう想像力を鍛えるというか、問題解決能力を養うような教育を・・・と言う方向へ、日本は向かっているのかしら?とも思います。

今時は、公立小の先生も、子ども達のお受験については、想定の範囲内でしょうから、そうあからさまに意地悪な対応をする人・・・ってのは、多くないと思いますけど、公立の先生達も、微妙な立場ですよね。

フランさん

語弊があるかもしれませんが、うちの娘の学校は全国テストなんかで見ると学力水準は高いです。

でも、それって結局親の教育水準・経済水準の高さに依存しているんですよね…。授業についていけない児童がいないのは、親が教えるなり、お金をかけて塾に行かせるなりしてフォローしているからです。

高い水準でこどもたちの学力が安定しているので、先生は楽ですよね。落ちこぼれのフォローより、先取りしている子達を飽きさせないほうに注力している気がします。

娘の担任は本来はこどもは遊べ!というタイプなので、ただでさえ勉強負荷が高い子にプリントを渡したくなかったんでしょうね。

Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。