10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたし女優なんだから

金曜日あたりから咳込んでいた娘。土曜日には微熱が出た。

午前中の歯医者をキャンセルし、午後のヤマハを欠席した。今のコースは月3回なので1回休むと月2回のレッスンしかない。なんだかグッと減った気がする。しかも来週はもともとレッスンがない日なので、次回は半月以上先。

でも、ゆっくり休んだおかげか、翌朝には復調。

区の開催する作文教室に参加した。お勉強系の作文ではなく、創作物語の書き方…みたいなもの。
保護者が見学してもいいとあったが、本人が見られたくないと言うので、その間に所用を済ます。

所用=去年のオペラ舞台の写真の申し込みがようやく始まり、写真選びと入金を済ませた。そのためにお稽古場の区民センターに出向くと、次期作品のお稽古をしていた。

次の作品には、娘も出たがっていたけれど、公演時期が来年3月と、中学・高校受験を控える子どもには厳しいシーズンで、結果的に、娘と同学年の子はひとりもいないと聞き(みんな中学受験するのだ)、それでも出たいか?と確認すると「それならやめる…」と、娘もあきらめた。

その後、娘を迎えに行き、オペラの話題になり、時期作品のお稽古をしていた話をすると「いいなぁ、出たいなぁ」と何度も繰り返していた。が、次の作品は発表の舞台が、前回のような某有名劇場ではなく、倉庫を改装してライブなど行えるようにした小さな舞台であることを言うと、あっさり「あ、それだったら出たくないや」と一蹴。おまい、何様だよ。


ちなみに「一番楽しかったのはゲネプロ」なのだそうだ。メイクも衣装も音楽も本番さながらで、でも、まだ幕は下りていない。高揚感が続く。

本番自体は「これで終わってしまうのか」と思って、楽しかったけれど、それよりも淋しくなってしまったのだそう。

いいなぁ、そこまでの「楽しい」。

しかし、あの引っ込み思案な娘がこれだけ夢中になるというのは、やっぱり「舞台」には何か魔物がいるんですなぁ。

スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。