05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ディズニーシー

日曜日。
東京ディズニーシーへ行ってきた。毎年恒例の健保で安くなるチケットで。何を見ても土曜日は最強に混むとあったので、日曜日にした。

該当の健保に入っているのは私と娘だけ。定価購入しなければならない夫も同行させると、せっかくの割引チケットも安上がりにならない。ということで、娘と2人でGO!

開園と同時ぐらいに到着した。トイマニははなから諦めていて、のんびりとアラビアンコースト方面に向かう。
30周年グッズが欲しい!!と熱望する娘のためにポップコーンバケツを買う。

以下、備忘のための記録。




■マジックランプシアター
ガラ空き。一列目の真ん中で鑑賞。

■ジャスミンのフライングカーペット
相乗りで後列になったため、高さ調節ができなくて娘は不満そう。

■スプリングタイムサプライズ(ショー)
マジックなどを取り混ぜたコミカルなショー。なかなかおもしろかった。

ポップコーン、ブラックペッパー味に飽きたので、3分の1ほど残っていた分は持参のジップロックバッグに入れて、新たにカレー味を購入。

マーメイドラグーンに移動。

■スカットルのスクーター
私はこれ、若干酔う。娘は大好き。

■フランダーのフライングフィッシュコースター
お子ちゃま向けのぬるいコースター。

■ジャンピンジェリーフィッシュ
薄暗い中でくらげちっくな乗り物が上下するだけなのだが、マーメイドラグーン全体が見渡せるのはちょっと楽しかったりする。

◎食事
そのままセバスチャンのカリプソキッチンなるレストランでランチをとる。

私がアクアトピアに乗りたくなったので、移動する。

■ミスティックリズム(ショー)
途中、ちょうど「ミスティックリズム」があと5分ほどで始まるよー席まだあるよーと呼び込みのお兄さんに誘われたので、入った。初めて観る。ディズニーキャラは出てこないアクロバティックなショーだった。この手のショーはなんとなくサンリオピューロランドを思い出す(中国雑技団によるショーが結構やってるから)。

私は好きなタイプのショーだったのだけれど、睡眠時間が短いところに来て、ごはんを食べて満腹、そしてリズミカルなドラム…でついウトウトしてしまった。激しいリズムで、決して癒し系のまったりしたショーではないんだけど、打楽器の音ってのはどうも耳なじみがよくて…。隣を見ると娘も半分寝ていた。更に前の席の子が完全に白眼をむいて爆睡していた。

■アクアトピア
暑かったので、快適快適、爽快爽快。

「もう一回フランダーのコースターに乗りたい」という娘のリクエストにより、再びマーメイドラグーン方面へ移動。

■センターオブジアースの特別コース
その途中で、今度は「センターオブジアースの特別コースをご案内してまーす」という呼び込みに立ち止まる。
なんでも、センターオブジアース自体は月末までメンテナンスで休止しているのだけれど、普段スタンバイ列として使われている「洞窟内部」をキャストが案内してくれるのだそう。通常は撮影禁止だけれど、この日はOKとのこと。よくわかんないけど、「このコースは本日最終日」というアナウンスを聞いて、限定品に弱い私はつい乗っかることにした。
実際参加したら、まぁ、とりたててスゴイものでもなかったのだけれど。ディズニーって、改めていろんなネタ仕込んでいるんだなぁという点で感服はした。

■インディジョーンズアドベンチャー
目当てのスカットルのコースターが案外混んでいて、どうしたものかとうろうろ。
娘は本格的なコースターや薄暗い系が全滅のため、あまり選択肢がない。正直、私が楽しいと思うものにはほとんど乗れない。いっこぐらい付き合えよ、と、なんとか説得して、これにした。60分待ちぐらい。結局娘は怖がってほとんど目をつぶりっぱなしだった模様。

◎夕食
夫を置いてきたことにより浮いたお金を豪勢に使うことにした。
1人2,940円のホライズン・ベイのキャラダイ(キャラクターがテーブルまで回ってきてくれるレストラン)。娘が保育園だったころに一度連れてきたのだが、あまり覚えていないという。その頃はお子様メニューでもう少し安かったはずだが、今や通常料金だから、私と娘でフツーに大人2人前、約6,000円だコラ。

今回のTDS、娘は当初「お父さんも一緒に行こうよ~」と言っていたのだが、私が「お父さんのパスポート代でキャラダイに行くほうがいいと思う」と言ったところ、あっさり「あっ、だったらそのほうがいいや」と意見を翻していた。夫本人はディズニーのあのテンションにつきあうのはやはり相当な負担ではあるので、行かないで済むほうがいい。というわけで、「私と娘との2人で行く」ことで、意見が一致したのであった。

無事にプルートとミッキーとミニーに会えて、写真も撮れて、娘も満足そう。プルートの口の中に思い切り腕を突っ込むのはどうかと思うが。

普通の飲食店でネズミが我が物顔でうろついたり、リードもない犬がよその客に飛びついたりしたら営業停止だが、ここではそれが喜ばれるという夢の国。

■ファンタズミック(ショー)
夜のメディテレーニアンハーバーのショー。これに変わってからは初めて観る。前のブラヴィッシーモ!の幻想的な雰囲気が好きだったので、今回のはずいぶんとにぎやかに感じられたが、小さい子にはこっちのほうが楽しいのかなーと思ったり。

今回はミシカや他のショーは見なくいもいい、これだけは見たいという娘の希望があったので、これが始まる少し前からポツリポツリと雨粒が落ちていた時にはひやひやしたが、予定通りやってくれてよかった。
また、立ち見覚悟で15分前ぐらいにミラコスタ近くに行ったのだけれど、まだぎりぎり座り見エリアが空いていたのもラッキーだった。


見終わると8時半ごろ。いつもならここで、娘が「もう一回コースターに乗る!!」とか騒いて結局閉園まで居残るところが(実際、ショーの前には「見終わったらまた…」と言っていた)、珍しく「やっぱり、明日も学校あるし、今日はこれで帰る」と言う。明日のことを考えて行動を抑制できるなんて、大人になったんだねぇ。ヨヨヨ。

友達にお土産を買い、帰宅。

お疲れさまでした。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。