10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2人の同級生

某SNSに参加するようになり、高校時代の同級生のコメントを目にするようになったのだが、そのうちの2人ががん患者であることを公表している。

2人とも高校時代は成績優秀で、指定校推薦を勝ち取り、1人はK大、もう1人はW大に入ったのだが、中身は正反対でK大子さんは俗に言うビッチ、W大子さんは喪女(もてない女性)だった。





卒業後は特に交流のなかったK大子さんだが、社会人10年目ぐらいの時、ひょんなきっかけで、K大子さんのプロフィールを知る立場になったことがあった。それを見る限りでは順風満帆な人生をたどっているようで、正直、「頭の良いビッチは世渡り上手だなぁ」と複雑な思いを抱いたものだ。

同時期にW大子さんと会う機会もあった。共通の友人の結婚式の場での再会で、独身だった彼女から(私は既に結婚していた)、延々と結婚や出産に対する中学生にも負けないドリーム炸裂を聞かされ、(だからおまえは喪女なんだ。ていうか一生言ってろ)と心の中で毒づいていたものだ。

私の性格の悪さは棚に上げておくとして(おい)、私の予想に反し、W大子さんはその数年後に結婚、出産した。その報告を聞いた時にはちょっとびっくりしたが、相手が明らかにうさんくさいタイプ(ネットで海外のやせ薬とか売ってて、ニュースキンのディストリビューターやってて、ビジネス系の啓蒙セミナーに参加しては主催者とのツーショット写真をブログにアップしてて、その写真がどれも選挙ポスターみたいな笑顔でキモチワルイ、みたいな)だったので、妙に納得した。W大子さんはお勉強はできるけど、学校では習わないことへの耐性がゼロで、何かと感化されやすい人だった。人並み以上に優秀だったはずの立派な学歴の人たちがアサハラに心酔し、オウムにのめりこんでいったのと同じ構図だと思った。この夫さんをきっかけに私は彼女との距離を置いた。

いつしか音信はとだえ、このたびまたSNSで交流が…といっても、一方的に彼女たちからのコメントを見るばかりだが…再開した。そして、冒頭の、「2人はがん患者」ということを知ることになった。

中身が真逆の2人は、たどった人生も全然違っていて、がんに対する考え方も違っていた。K大子さんは抗がん剤による治療をし、いったんがんはなくなり、今は再発を危惧しつつの通院・療養生活だそうだ。「このまま再発せず復職できるといいな~、こどもたちには心配かけちゃっているけど、彼らは私の支えになってくれています。彼らのためにも早く元気になりたいな。がんばります!」…という感じのコメントをたまに発信している。これはその状況においては至って普通の感覚だと思うし、そうだよねぇ、がんばってほしいなぁ、と思う。

実を言うと、当初はどこか他人事で、もっとひどい言い方をしてしまうと「好き勝手やってきたツケじゃないの?因果応報かもよ」と思わないこともなかったのだけれど、病気療養中でも資格の勉強などを続け、努力を惜しまなかった彼女。自分の優秀さをきちんと社会に還元している姿勢が伝わってきて、最近では心底彼女の回復を願う気持ちになってきている。

W大子さんは、例のうさんくさい夫とは離婚していた。がんは消えてはいないが増えてもいない。「私は私の自然体で行きます」と抗がん剤治療を拒否しているところだそうだ。以前から「あいだみつを」や「アメリカインディアンの教え」とか「ホ・オポノポノ」とか好きなんだろうなぁと予想していたのだが、案の定過ぎるコメントや、「感動的な写真」が日々怒涛のように繰り出されている。

私が承認した友人の多くは、そう頻繁に発言をしないので、うっかりするとSNS画面がすべて彼女によって私の苦手な「すぴりつある」の王道を行くコメントあるいは画像で埋め尽くされてしまう。

「みなさんに愛がふりそそぎますように。ありがとう。命に感謝します」的な言葉でしめくくることも多く、うわぁ、と思う。せっかく例の夫と離婚したのに、単に心酔する相手が「夫」から「すぴりつある」に取って代わっただけなんだなぁ、と、残念な気もした。「すぴりつある」も悪かないが、どうも彼女の言葉はいつも借り物の匂いがして、「自然体」とは違うように思われてならない。本当の「自然体」の言葉が紡げるようになったら、がんより何より「幸せ」なんじゃないかと思うのだけれど。大きなお世話か。

ひとえに、順風満帆に見えた人たちにも影がある、人生何が起こるかわからん、てぇことですな。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。