10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこかで見た転入生

6年生も入学式に出ると聞いていたけれど、そういえばそれについての会話がまったくなかったな、と思い、「6年生は何やったの?」と尋ねると「1時間座っていただけ。あとは校歌歌うぐらい」だそうだ。2年生は合奏の披露があるけど、6年生は座るだけなのか。

「ウチが1年生の時もそうだったよ。後ろに6年が座っていて、校長先生が『後ろを見てください。みなさんも、6年生になったら、あんなに立派なお兄さん、お姉さんになるんですよ。がんばってくださいね』って言ってた」だそうだ。今年も似たような言葉があったらしい。それって、1年生に向けた激励というより、6年生への「しっかり自覚しろよ!」というハッパかけなんじゃないだろうか。

昨日から、通常の塾が再開。といっても春期講習と同じメンバー、同じ先生。1クラスしかないんで。16人だか、20人だかまでが1クラスって言っていたかな? ぼちぼち増えているようだけど、今のところ11人ぐらいなので余裕で1クラス。

お迎えに行きがてら面談の希望日票を出しに受付まで赴いたら(いつもは外で待っている)、ちょうど授業が終わったところらしく、子どもたちが出てきた。その中に娘の学校のクラスメートが2人。2人とも男子。

「おやおや、どっかで見た顔が増えてるぞーww」と言ったら、その1人に「正式に入ることになりましたんで、よろしくお願いします!」と頭を下げられた。あらまぁ、しっかりしたご子息で親御さんが羨ましい限り。こんな母ちゃんで娘には申し訳ない限り。

娘の学校に超近い塾なのだが、近すぎることが敬遠されてか、塾生に同学の子は今まで1人しかいなかった。娘と、もう1人男の子。で、今回挨拶してくれた子が先月体験に来て、正式入会することになった、と。隣にいた子はこの日が体験で、まだ正式に入るかは未定。

あなたの学校からは男の子ばっかり来るねぇ…などと言っていたら、娘が「実は女の子がいたんだよ」と言いだした。

その子は春期講習の少し前から塾には来ていて、顔と名前は知っていたのだが、違う学校の子だと言う認識をしていた。その子が、始業式の日に隣の組への転入生として紹介されてびっくり。「あれっ、もしかしてエミリーちゃん?○○塾の…」「あ…ピヨリ…ちゃん、だっけ?」みたいな会話があったそうだ。エミリーちゃんは外国の日本人学校からの転入生で、ハーフだそうだ。おそらくもっと早くに来日(帰国なのかな)していたけれど、新学期に合わせての転入にして、先に塾に行かせていたのだろう。

学校も塾も、ちょっとだけ環境が変わるようだ。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。