06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己評価

娘、まだ少し足を痛がっていたが、結局おおなわ大会には参加したようだ。優勝は逃したそうだが。
「来年リベンジだね」と言うと「えー、もういいよ。おおなわ大会とかめんどくさい」と、前日までとは打って変わったローテンション。「昨日まで、最後の練習なのに!って言ってたのに…?」と言うと「練習は楽しいんだもん。優勝とかどーでもいい」だと。なんだよ、珍しくやる気出してると思ったのに、やっぱりそんなんかよ。

学校の宿題をやると言って出してきたのは「自己評価表」。この一年で何をがんばったかについて、教科、委員会、クラブ活動、それぞれ書く。そして、「この一年で表彰されたことや、合格した検定があったら書いてください」という欄が。

漢字検定は4年生範囲まで合格しているが、5年の今になってそれを書いても特記事項にはならない。読書感想文で学校代表になったのは3年生の時だから「この一年」ではない。「書くことないねー」と娘。

「どうしてこの欄があるのかわかる? 中学進学…特に受験に必要だからよ。こういう情報が中学校に行って、テストの得点以外のプラスアルファになるの。そりゃそうでしょう、あなたがもし中学校の校長先生だとして、委員会も委員長がんばってやったし、ピアノもコンクールで優勝しました、英検2級もってます!っていう子と、やらないでいいことはやりたくありませーん、がんばりませーん、という子がいて、テストの得点が同じだったら、どっちの子に入ってもらいたいと思うよ?」

「がんばってるほう…」

「そーだよねー。お母さんや、いつも見ている担任の先生なら、こういうことでは測れない、あなたの良さを知ってる。それに、検定やコンクールだけが、イコール人としての価値ということでもない。でも、やっぱりそれはひとつの価値ではあるし、あなたの価値をあなたを知らない人にわかってもらおうとしたら、残念ながらそういうことでしか伝えられない。これからあなたが生きていく社会は、そういうシステムで成り立っているので、いくらそこに不満があっても、うまくやっていくしかないのだよ。こういう時に、ここに書けるものがないことの意味を自分で考えるがよい」

「はい」

返事は素直でよろしいが、だからといって、来年には書くことがいっぱいできるはず(はぁと)ということには、ならないのだ、たぶん。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。