06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウェーな土日

アウェー感たっぷりで疲れた土日。

まずは土曜日。町会のこども会総会。

去年と一昨年はスルーした。今年は6年生で、欠席裁判で「ナントカ長」に決められても困るので出席したものの。毎年ラジオ体操にしか参加していない我が家としてはもう。他の皆さんとは小学校が違うので、話が見えない場面が多々あり、限りなくポツンな感じ。

他にも私立小に通っていて地元小ではない子もいるそうなのだけれど、そういうご家庭は最初から町会活動などには全く参加しないので名簿に記載はあっても「いないもの」として扱われている。

我が家としても、そういうポジションも考えたのだが、中学以降、また地元民と関わらなければならないのだとしたら、完全没交渉というのもなぁ…と躊躇してしまう。あと「災害時の地域の連携」なんかもちょっと考えると、ちったぁ交流しておかねばならないのではないか、とか。

こども会は町会の下位組織という位置づけだが、幸い老害支配型の町会ではなく若い人がテキパキとことを進めているし、見ている限りでは殺伐とした人間関係はなく和気あいあいとした感じ。だが、実際に中に入って役員を務めたら見たくもないものも見るのだろうと思う。だから"深く"は関わりたくないというのが本音。総会の間は、なるべく目立たないように、小さくなっていた。


日曜日はPTA。入っている委員会のランチ会兼今年度最後の会合。
こっちのほうは知っている人ばかりなので、前日の地元の会よりもかなりマシだったけど、今年の6年生の進学先の話題になり、やっぱりなんか辛い。中学受験率がかなり高い学校で、「普通は受験する」というのが前提で話が進む。来年、うちがこういう話題にさらされるのかと思ったら、どうにもいたまれない感じ。地元の公立校ですけど何か。ウエ~ン。

精神的に、たいへん疲れた週末でした。
スポンサーサイト

受験問題は頭が痛いです

そっか~。ぴよりちゃんも、4月からもう6年生なんですね!?
私立お受験率の多い小学校では、そういう話も当たり前なんでしょうね。
そして、うちの次女のときもそうでしたが、お友だちが私立に行くとか、受験するらしいとか聞くと、どうしても本人も行きたい・・・って思うようになったりと、また、色々ややこしいのですよね。

うちでさえ、血迷って、塾にも通わせていなかったのに、お受験だけさせてしまったらりしたくらいですから~。
あの時、間違って合格していなくて助かった~。
今ごろ、中学から私立入れてたりしたら、もっと悲惨な事になってましたもん。受かってくれなくてありがと~!って感じです。
なんだか、複雑ですね。

あっ、でも、次女を普通の公立高校に入れてしまったばっかりに、またもや大学受験を考えるなら、塾や予備校に・・・という無言のプレッシャーを感じています。でも、今の我が家では、塾一つ行かせる余裕はなく、まさか塾代バイトで稼げとも言えないので、本当に息の詰まる思いです。

こういう家庭内の経済状況で、子どもがやる気なくして、勉強にも気合いが入らなくなるのを見るのは、切ないです。

いや、実際には、やる子は、自力でもガンガン勉強して行くものだし、そういうガッツが本当は生きる上で一番大切なんだろうとは思うのですがね。次女には、そういうガッツ、見えないなぁ~今のところ・・・。

>フランさん

東京都には「公立中高一貫校」というのがあります。

今、全部で11校かな? 優秀な子がどんどん私立に流れてしまうのを危惧し、公立の復権を目指して、だいたいその地域の一番手・二番手にあたる都立高校に付属中学を付け、一貫校に作り変えてきたのです(中学の「付き方」は学校によって若干ちがうんですが)。

保護者としては「費用は公立」で中高一貫に行けるわけですから、年々人気が上がっています。一応、娘もそのひとつを目指しているところではあるんですが、年々厳しくなっていますね。

御三家等の難関私立と併願して受ける子もいるし、今年は桜蔭や女子学院を蹴って入る子もいたと聞きました。今まで「公立高校なんてレベル低くて、ケッ」とそっぽ向いていた層も、経済的理由で中学受験させられなかった層も、「公立中高一貫なら」と受験するようになってきて、今では倍率はだいたい7~8倍、時に10倍超えです。

その状況では、娘は学力的にはかなり残念なところにいるのでまず無理でしょう。記念受験になることを覚悟しています。ただ、公立中高一貫対策の内容を見ると、一部の難関校のような特殊な出題というのはなく、高校受験にも役立つというか、勉強に対する姿勢というのが身につきそうなので、中受が駄目でも「無駄な勉強」にはならないとふんで、塾に行かせています。費用的にはかなりしんどいのですが。

娘の周囲は、娘よりずっとハードな学習体制の子が多いです。有名進学塾で毎日10時まで塾だとか、日曜日も組分けテスト…とか。

だから、うちの娘も、ガッツというよりは、そういう子たちを見て、周りがこんなに勉強して中学に行くと言うのに、自分は何もしなくていいのか?という不安のほうが大きいから通塾もいやがらない…という感じのようです。決して、「私も受験して、あの学校に行きた~い。がんばるぞー!!」ではないですね(^^;) そうであってほしいのですが、なかなか…。
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。