06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台「ライチ☆光クラブ」

クリスマスなので年賀状を投函しました。
クリスマスなので有休をとりまして、舞台公演を観てきました。

ライチ☆光クラブ

前売り券が瞬殺で完売したことは、このブログでも書き、その後追加公演、追々加公演が決定したのだけれど、それらもほぼ完売。私は追加公演も瞬殺だった時点であきらめたのだけれども、そんな矢先になんと地元の金券ショップで1枚だけ売られていたのを発見。それが、10月のとある金曜日のことだ。

正直我が家の家計からしてもチケット代は高いし、一度はあきらめたものだし。

しばし逡巡して、しかしなお決心がつかず。

結果的に「明日の午後に金券ショップに行って、まだ残っていたら、それは天の采配」と思うことにした。

で、土曜日の午後に行ったら、果たしてそれはまだそこにあったのだ。天の采配に従い、購入。

問題はクリスマスの真昼間の公演だってこと。娘は冬休み前の最後の日で、しかも、塾の冬期講習初日。私としては三連休後に続けて有休とるのも、かなり気まずいし、そもそも会社だって会社納めの週で年末進行もいいところ。

そんなこんなの艱難辛苦を乗り越えて、行ってきました紀伊國屋ホール。

舞台のほうは千秋楽で、出待ちの子達なのか、会場前にたむろしている女子がたくさんいた。
会場内に入ると、九割女子。セリフに織り込まれたコネタから察するに、どうやら「テニスの王子様」の俳優が出ているらしい。原作漫画や、さらに遡ってオリジナルの東京グランギニョルの舞台から流れてきた客というのはどのぐらいの割合なのかわからないが、少数派っぽかった。

内容は…「原作漫画や、さらに遡ってオリジナルの東京グランギニョルの舞台から流れてきた客」にとっては、別物としか言いようがない。エログロというより中学生の下ネタ。まぁ中学生男子が主役の物語だから、ある意味それは正解なのかもしれないが、お耽美を求めるには下劣に過ぎる。

東京グランギニョルの時のゼラ役をやっていた常川さんは今も演劇界にいて、先日見た廻天百眼の舞台にも立っている(大阪公演のみの参加だったので、私は見られなかったが)。ちなみに息子さんがジャニーズJr.らしい。ジャニーズとグランギニョルって対極だけどなぁ。常川氏は今回のライチ公演に対してはあまり心広くなく、特に自分の演じたゼラ役の木村了については批判的ともとれるコメントをしていたりしている。個人的には、息子をジャニーズ入れてそれはないだろ、って気もしなくもないけれどな。

ついでに更に個人的に言うと、東京グランギニョルは飴屋法水と嶋田久作に圧倒的な魅力があったと思うし、他のキャストについてはあまり印象がない…強いて言うなら常川氏よりは大橋二郎。またはゲスト的な立場(のような気がしていたのだけど、実のところはどうなのだろう?)のコシミハルの存在のほうが覚えているのだよね。

脱線した。
舞台そのものは大幅にコメディ路線に変えられていた。出だし部分からその道で行きます、という心意気は感じられたので、こちらもそのつもりで観た。スラップスティック劇だと思えば、これはこれでアリかもしれない。断じて原作の舞台や漫画を踏襲してはいないが。

あと、大声の割にセリフが聞き取りづらい。ナチュラルさを求める類の話ではないので、「芝居がかった芝居」で構わないから、もう少しセリフがわかるとよかったな。

千秋楽だからだろう、客席にHAKUEIがいた(彼はライチのイメージ曲を歌っている)。
私の趣味としては、公演している俳優陣の誰よりもかっこよかった。終演後のロビーでなにげなく探したらいたので、至近距離からもガン見してきた。それでもやっぱりかっこよかった。

若くてきれいなお嬢さん方の中で、ひとりじとーっと見上げたオバハンがいたのは私です私。
でも、若くてきれいなお嬢さん方はHAKUEIのことを知らない世代なのか、全く反応していなかったよ。
貴重なファンとして、握手ぐらいしてもらえばよかったか。しかし手汗が加齢臭しそうなのでやめといた。

お耽美さが足りないとかお下劣とか書いておきながら、最後は加齢臭でしめくくるとは。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。