08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっておきの不運……?

娘の不運といえば、とっておきの不運があった。

ちょうど一週間前の午後5時半頃。東日本大震災の余震と見られる大きめの地震が、またあった。都内も震度3~4の揺れだった。この時、社内は私以外みんな出払っていて、私は1人で帰り支度をしているところだった。エレベーターが止まると困るなぁと思いながらとりあえずYahoo!地震速報をチェックしたり。

心配なのは娘。隣駅にある公文に行く日だが、普通なら既に教室に到着するかどうかという時間帯で、おそらく電車内ということはあるまい。とは思いつつ、学校の居残りでずれることもないわけではないから。

何かあれば本人もしくは公文の先生から電話があるだろう。そう判断して、退社後はいつでもすぐ電話が取れるように、電車には乗らずに歩いて隣駅に向かった。ま、そうでなくても最近は健康のために公文のお迎えは歩くことが多いのだが。

結果的にはなにごともなく、普段どおりの時間に公文を終えた娘と喫茶店で落ち合う。「地震、大丈夫だった?」と聞いたら、「それがっ!!どうだったと思う?」とえらい勢いで言ってきた。その言い方から察するに尋常ならざる事態だったことはわかった。




私「あ、もしかして電車の中だった?電車が止まっちゃった?」
娘「ちがーう」
私「ん~。教室にはもう着いてた?」
娘「うん。あ、違うか。…これ言ったらわかっちゃうよ」
私「わかった! トイレにいたんでしょ!」
娘「そうなの!!」

公文はオフィスビルの中にあり、公文生が利用するトイレは教室のあるフロアからひとつ上がったところにあり、他のテナント会社と共同。節電対策で「使うときに電気をつけて入る方式」で基本的に暗く、こどもが使うには若干こわい雰囲気で、娘もあまり使いたがらない。それでも入ったということは、その日は切羽詰っていたらしい。そこで地震とは悲劇ナリ。

それは大変だったね、怖かったね。とか言って、その場は収束。

帰宅して、食後のまったーりしていた時間に、またその話になった。

私「そういえば、トイレは、いったん教室に行って先生に挨拶してから行ったの?」
娘「ううん、電車の中にいた時から超行きたかったから、ビル入ってすぐトイレに直行した」
私「えー、じゃあ、先生はあなたが来ているってことを知らなかったのね。よかったね、停電になったり、とじこめられたりしなくて。ほら、来ているってわかっていれば、何かあったら心配して様子見に来てくれるだろうけど、知らなかったら、そのままだったかもしれないもの」
娘「うん。だから、教室に行ったとき、大丈夫だった?って聞かれて、上のトイレにいましたって言ったら、びっくりしてた」
私「それにしてもトイレって、地震が来たらイヤなタイミングランキングの上位だよね。ちなみに"しおわった後"だったの?それとも"真っ最中"?」
娘「それがさ~。ひどいんだよ。
紙がなかったの。
※「小」だったようですが、ジョスィなので、小用でも紙が必要です
でね、ヤバッと思って、タンクの上とかさ、予備あるじゃん?探したんだけどなくて。あのトイレ、個室がふたつで、洋式と和式があるのね。ウチは洋式にいたから、和式のほうに予備がないかを見てみようと思って、でも外に誰かいたらいやだし、こうやって、そーっと開けて確認しようとしたらね、触る前にドアがガタガタって言うからエッ?!と思って」

中腰で(リアルにはパンツとズボンを膝まで下げた状態だったはず)ドアを開けようとする場面を再現する娘。

娘「あれ、ウチ、貧血でも起こしてる?風かな?とか思って。とりあえずもう1回(便座に)座って、やっぱりゆれてるから、それで、ああ、地震だ!と…」

私「それは今こうして聞くとたいへん面白い話ですが、その時はパニックですよね」

娘「うん、ヤバイじゃん。とじこめられたら。だから慌てて飛び出した」

私「そうかー。それは大変だったね…。

…って、ん? 紙なかったまま、飛び出した?

娘「そうそう。パンツとズボンは急いで履いたよ。結局拭けなかったけど。まぁパンツで拭いた、みたいな?」

私「いや、ちょっと待っていただけますか。今履いてるのがそのパンツですよね」

娘「そうそう。でも大丈夫だよ、拭いたっていっても、ペーパー探したりとか、いろいろやってるうちに乾いてて、ビチャビチャだったわけじゃないし」

私「いやいやいや、緊急事態ですし、その場でとりあえず履いちゃったのはヨシとしましょう。でも家に帰ってきたら履き替えたらいいと思うの。ていうか、履き替えろ」

娘「えー、もういいよ」

私「よくねーよ!」

娘「あ、ネーヨ!とか、そういう言い方しちゃいけないんだよぉ~」

おまいにそんな説教される筋合いは1ミリもないわ!!

どうしてうちの子はパンツを履き替えたがらないのだろう…。→過去の実績はこちら
スポンサーサイト

娘さん、傑作ですわー、パンツで拭いた、みたいな?

つかCakeさんも「ネーヨ」とか言っちゃうんですね。
私も本当にブログのような口調でしゃべってるので、なんか安心しました。
私も娘に
「母親としてどうなんだ」的な指摘をされますが、
だったら母を興奮させるなと言いたいです。

Re: タイトルなし

>まきまきさん
言います言います。Ne-Yo!

娘、浜田ブリトニーみたいな不潔感あふれるオナゴになったらどうしよう。
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。