04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルビレオの観測所

娘が学校の宿泊行事から帰ってきた。もう少し泊まってきてもらって構わないのだが。
相変わらずバス酔いはしたものの、それ以外は問題なく楽しく過ごしてきたようで良かった良かった。

子ども達がいない隙に、ということで、仲の良かった一・二年次のときのクラス会(親の)が開催された。まぁ、飲み会だ。同日にPTA委員会の懇親会もあったので、ハシゴした。懇親会を済ませてからクラス会に参加。

その場で、夏の終わりにあるお母さんが亡くなっていたことを知った。このお母さんだ。このリンク先記事にも書いたように、もともと体が弱かったのだが…。5年でまたクラスは別れ、このお母さんと私はこの時に少し会話しただけの関係だけれど、それでも印象深い人だったので驚いた。みんなで献杯をした。

一夜明けた今日、娘を迎えに学校まで出向いた。昨夜のメンバーと12時間も経たないうちに再会。みんなアルコールが抜け切っていないようなボーッとした表情を浮かべている。何故か飲めない人まで二日酔いみたいな顔なのがおもしろい。

家に着いて荷物を置いて間もなく、今度は星空観測会というのに出かけた。二泊の移動教室から帰宅したばかりの娘は疲れているだろうし、行くのは迷ったが、なんとなく話の流れで…。

最初「こういうのがあるけど、行く? 疲れているならやめるけど。どうする?」と声をかけたときには「うーん。やめとく。本当は、お母さんが期待するほど、星とかあんまり好きじゃないんだよ」と言いづらそうに言われてしまった。「そっかー、それなら無理しなくてもいいよ。まぁ、帰ってきたばかりだしね」と、特に恩着せがましい言い方をしたつもりもなく、言ったのだが、娘はしばらく考えて「んー、やっぱり行くよ」と言う。無理しなくて良いよ、やめようよ、と言っても「いいから。行くから」と強硬に言うので、じゃあ行くか…という感じ。夫は誘ってなかったがついてきた。

施設の屋上に数台の天体望遠鏡が用意され、自由に見ていい。望遠鏡には解説者の方がそれぞれついていて、その望遠鏡では何がどう見えるかを教えてくれる。

今日は、月とアルビレオ、ダブル・ダブル・スターと呼ばれる星を見た。

宮澤賢治に「トパーズとサファイヤ」と称されたアルビレオは美しく、ダブル・ダブル・スターなる双子が二組あるような星の連なりもおもしろかった。月も観測しやすい三日月以上半月未満の状態で、クレーターがはっきり良く見えた。
何より、私に気を遣って来たであろう娘が、それなりに楽しそうに見ていたので良かった。

人は死んでお星様になるなら、今日の夜空にもAさんが輝いていただろうな。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。