06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪悪な羽、邪悪な嫁(実は天使だっつーの)

娘のオペラのチケットが一般発売される。それに先立ち、関係者向けの先行販売があった。
先行のメリットは良席というだけで、出演者割引はない。こどもの出演者にはノルマはないが、こういった文化事業の財政が厳しいのはどこも同じで、「できればお1人2枚は買っていただきたい」というお願いがあった。

うちは一応私ら夫婦(公演は2日間あるので4枚)+両家の祖父母の分(これでまた4枚)の、合計8枚。もしかして、義理で呼ばねばならない人がいるかもしれず、その時は夫はどちらか一日だけの鑑賞にするか、はたまた夫の両親を誘うのはやめるかして、都合つけるしかない。ぜひ見たいとお金を出してくれる人ならいざ知らず、これ以上の「ご招待」は無理だ。なんたって1枚8,000円。現状既に8枚で64,000円ナリ。私の両親はチケット代を負担してくれるというが、その他は自己負担。お金には羽が生えているって本当だ。

その他、楽譜代と衣装代が合わせて10,000円ほど。良心的な価格だとはわかっているが、痛い出費なのは間違いない。
これからプログラム掲載用の写真が必要で、これも費用が発生するはず。お金に生えている羽はきっと天使の真っ白な翼じゃなくて、悪魔の邪悪な黒羽だと思う。

兄弟で参加させていて、なおかつ自分も合唱で参加するというご家庭もいくつかあり、そうなるとその人たちの負担たるや恐ろしい。ひとんちのことだから詮索はしないが。

遠方に住む老齢の祖父母を招くため、チケット代だけでなく飛行機や新幹線代も負担しないといけない、という人もいる。「だから3枚買うのがやっとなの。本番は義両親とダンナで見てもらって、私はゲネプロだけかも…」と。泣ける。

かと思うと、1人で計30枚以上購入していた親御さんもいらしたので、「世の中あるところにはある」としか言えませんな。

さて、この後は義両親の悪口です。



我が家は貧乏なので、私の両親には自腹で来てもらうようにお願いしようと思っていたが、頼む前にチケット代は払うといってもらえた。実家とはしょっちゅう会っているし、あまり「張り切る」という姿を見せない娘がオペラには張り切っていることも知っているからだろう。ありがたいことだ。

問題は夫のほう。おそらくうちより貧乏だ。生保受けられるんとちゃうか。カジワラシステムでもやったろか。という勢いで。

それに、もともとが、孫の動向にさほど興味がないというかなんというか。熱意がない、という感じかな。(たとえばこんなこともあったりした) 誘われれば行くけど、「いつ?絶対行くからね!」と前のめりになるような人たちではない。

その中でも特に、こういった芸事の披露だと、「そういう世界を知らない」というのが一番大きい理由だと思うんだが、やっている側の負担というのは全く想像外のようだ。好きでやっていることなんだから負担も何もないだろう、それが負担なら最初からやらなければいいじゃないか、と言われてしまえばその通りなのだけれど。

だから私は、念のためチケットを押さえてはいたものの、義両親を呼ぶのには抵抗があった。夫のビョーキに端を発する私とのギクシャクした関係という理由以上に、「招待したところで大して喜びもしないひとたちを呼ぶぐらいなら、ヤマハの先生や担任の先生を招待するほうがよっぽど娘の為になりそう。はなから呼ばないほうがお互いのためなんじゃね?」という理由で。

そして、そういうやりとりを娘に聞かせたくなくて、娘のいないときを狙って、義両親が来る気があるのかどうかを確認してくれと再三夫に頼んでいたのだが、一向に聞かない。

たまたま昨日、オペラの先生から「残席僅少になりました」(!!)という連絡を受け、そのことを夫に言ったら、「ああ、親父に電話しなくちゃなー」と言い出し、それを聞いた娘も「じいじとばあば(夫のほうの祖父母の呼び名)も来てくれるんだよね!!」と騒ぎ出し、私がそれに対して「じいじたちはまだお仕事しているから、その都合もあるし、お金もかかることだから、来てもらえるかどうかわからないよ。ばあばは最近ちょっと体調悪いしね」と予防線を張った。

娘は「ええー、でもさ、孫だよ? 孫の舞台だったら普通、観に来るでしょう!! ウチだったら絶対観にいくもん」と言った。
ヤマハの発表会も学芸会も一度も来ない、それどころか「いつ?」とすら聞いてこない義両親に何故そこまで期待できるのか不思議だが、それだけ私が今まで娘に対して気を使い、娘の実の祖父母である義両親の悪口など聞かせなかったことの証明と思っていただければ幸いでございます。

ちなみに義両親宅は電車で1時間強、車なら30分程度。娘は彼らの初孫にして唯一の孫。高齢ニートの義弟は結婚することもなさそうだし、最後の孫になる可能性大。それでも興味ない人は興味ないんですね。ええ、ワタクシ、少なくとも8年前にはそのことに気づいておりましたとも。

そして、結果的には、案の定、その時期は忙しいとかなんとか言われ、「まだ予定が立たないからなぁ…」と曖昧な返事で終了。少なくとも、「そりゃぜひ行きたいな~。まだ予定が立たないんだけど、なるべく調整するよ。どうしても無理だったらまた連絡するけど、いつまで返事すればいいかな」といったノリではなさそうな会話が聞こえた。

一緒に傍で聞いていた娘は、期待と違う反応だったことがわかったようで、それから一言も義両親のことを口にしなかった。ええ、そういう流れになることはわかっていました。だから、別室で電話すればいいのに、と思っていましたが、そろそろ娘も義両親たちのことについて正確に把握してもいい頃合かもしれないという思いもあり、また、今なら私の落ち度にならずに夫のせいでそうなったという形になってシメシメ、という打算もあり放置。フッ、すべては予定通り。娘にはかわいそうだが。


嫁としては、正当に義両親を招待しない口実ができてよかったー、と思うことにする。
後から「やっぱり行きたい」と言い出しても、その頃にはチケット売り切れてるもんねーだ。
スポンサーサイト

No title

お~一般販売があるなんて、素敵ざますね。
義両親さんの無関心っぷりは残念ですが…なんでもかんでも「行く行く!ついでに泊まろうかしら、うふ」な両親よりはマシ、かすぃら。
そんなの比較してもしょーがありませんが。

↓のエントロピー、wiki先生に聞いても分からなかったわー。
高校の授業に物理がなかったのが敗因だな、うん。

>まきまきさん

同じ孫でも「娘の子」と「息子の子」では親しさ度合いが違うといったことも耳にしますが、どうなんでしょうね。

義父母は戦争その他の事情で親との縁(特に父親)が薄かったので、親のモデルケースを知らないというのもあり、決して冷酷ではないのですが、愛情豊かとは言いがたいところがあります。
過干渉な義父母よりは百万倍マシとは思います。「ついでに泊まろうかしら」なんて言われた日にゃーガクブルです。

エントロピー、調べてもわかんないよねーえ。
私は高校で物理やりましたよ。でもえんとろぴーなんてなかったよ。ほんとだよ。

↑物理が苦手で、それを克服すべくほぼ物理しか勉強しなかったはずの中間テストで赤点とった私が通りますよ

No title

いやー…
モノ要りなのねーΣ(゚д゚lll)

舞台ばっかり観てるヤツが何を言う、なんだけど…(-_-;)

そっかー
夫さんの弟さん、
ニートさんなんだね…

だとするとね、
多分、疲れてるよー義両親さん(+_+)
これから先の展望とか…
擁護するツモリは無いけど…

ウチもねー
一体どうなるのやら…
閉塞感たっぷり…(・_・、)

>みなみんさん

モノ入りすぎー!!


義弟も既に四十路。

自分の趣味(現在は油絵)のためなら外出もするし、バイトもします(目標額を達成するとやめる)。なので、外に出て行きたいけどできない…社会にうまく入っていけない…というのとは少し違うんですね。

で、バイトしたお金を家に入れることはなく、衣食住は親掛かりです。そのくせ「僕まで出て行ってしまったら、年老いた父さん・母さんたちがかわいそう。兄貴(=夫)は無責任だ」と思っていそうなところがあります。

そして、夫の退院後身を寄せた時の"仕打ち"を思い出すと、私は義父母に同情できません…。

病気療養の必要だった長男(夫)は「結婚してこどももいるくせにその自分の家には帰らず、親に頼ってきて、家事を手伝うわけでもない、金食い虫の役立たずの厄介者」であり、3歳児の育児をしつつフルタイム勤務をしていた私は「夫の世話もしない人間的に問題のある嫁」扱いでしたからね~。

その点、義弟は「母親が熱を出すとおかゆを作ってくれて」「時には老いた父に代わり日曜大工的なこともしてくれて」「遊びたい盛りに恋愛もせず、親元に残ってくれた優しい息子」であり、「曲がったことができない真面目さ故に、正直者がバカを見る今の世の中でうまくやっていけない、不器用な子」という位置づけです。

というわけで、今は疲れちゃっているとしても、そのうちに「優しく心強い義弟」は義父母の老後の介護などをやってくれるに違いないので、その時こそ義父母の苦労も報われるのではないでしょうか?
…と、他人ごとのように思っています。

(みなみんさんは、うちの義父母の立場とご自身を重ねていらっしゃるかもしれませんが、私には対極の姿勢に見えますよー)
Secre


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【邪悪な羽、邪悪な嫁(実は天使だっつーの)】

娘のオペラのチケットが一般発売される。それに先立ち、関係者向けの先行販売があった。先行のメリットは良席というだけで、出演者割引はない。こどもの出演者にはノルマはないが、...

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。