06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舌は震えずに済んだ

学校の宿泊行事から元気に帰ってきた……はずの娘、金曜日になって不調。

金曜の夕方、児童館からケータイで電話をかけてきた。
公文に行く日は「児童館を出た」「公文に着いた」「公文を出た」といった連絡をさせているのだけれど、こちとら仕事中なので、そういう定期連絡はメールでするように言ってある、にも関わらず電話。
「どうしたの」と聞けば「頭が痛い。ふらふらする。くもん無理。行きたくなくて嘘ついてるとかじゃないよ…」と、息も絶え絶えに言う。公文を休むのはいいが、とりあえず児童館にいるなら、スタッフに言って熱を測るなり少し寝かせてもらうなりしろと言うと「もうすぐ退館時間だからみんな忙しそう」と変に気を使って言い出せないまま外に出てしまった様子。
私は早退できる状況ではなかったので、「一人で帰れるか?」と聞くと、「なんとか行けると思う」と言うので、1人で帰宅させてみた。

電車の中からも何通かメールが来て、「限界」「無理」「しんどい」云々。どうしても無理なら途中で降りてベンチで休むとか、駅員さんに言えと返信するが、やっぱりそういったことは言い出せないままふらふらと帰宅したらしい。降車駅では、一緒に降りてきたお姉さんに「具合悪いの?大丈夫?」と声をかけられたというから、相当だったのではないかと。(もちろん、その時も「大丈夫です」と答えてしまったらしい)。

私も退社時間になってすぐに飛び出して帰宅。娘は布団にくるまって寝ていた。頭が痛いといい、息も荒くて辛そうではあるが、熱はほぼ平熱、顔色も悪くはない。旅行の疲れが出たのかなぁ、という感じ。

こういう時は足元もふらついていて怪我の危険性もあるし、動けなくなってから変なにーちゃんに連れて行かれてもどうしようもないんだから、早めに信頼できる大人に助けを求めていいのだ、いやそうすべきなのだ、と言いたいところだが、それは元気になってからにしようと思い、まずはおとなしく寝かせるにとどめた。
1時間も寝ると復調して、だるそうながらも夕飯も普通に食べた。

翌朝には頭痛などはなく、元気は元気。しかし、足が痛くて歩けないと騒ぐ。見れば膝小僧が腫れている。瘡蓋の割れ目からなにやら体液が染み出ている。そこが痛いせいで膝の曲げ伸ばしができないと言う。
旅行先で友達とぶつかって転んですりむいたところだ。単なる擦り傷で本人も忘れていた程度のものだったはず。前日まで痛がってもいなかったので、特に何も手当てはしなかったのだが…。

この日は実験教室があったのだけれど、これも休むことにして病院に連れて行った。旅行は農作業体験がメインで、ぬかるんだ畑や野道をさんざん歩いているはずだったから、破傷風的な菌が入っているのが不安だったので(「震える舌」がトラウマになっている世代)。
もっとも、怪我したのは入浴も終えたあとのフローリングの室内という話だったから、まずそういう心配はなかったけれど、なんたっておパンツすら着替えない人の衛生管理をあてにはできない。

小児科ではなく、外科に。私はかつてかかったことはあるが、娘は初めて行くクリニック。お医者さん優しいかなぁ?注射とかしないかなぁ?痛くないかなぁ?とケンケンしながらうるさい娘。「手術することになったって、治すために必要なことなのだから我慢しなさい!!お医者さんの前まで行ってからみっともなくガタガタ言ったら、私がその瘡蓋ひっぺがして薬塗りこんでやるからね!!」と脅す。

娘はしょっちゅう「お医者さんの前まで行ってからみっともなくガタガタ言う」んだ、本当に。そのたびにチョーむかつくんで、ここぞとばかりに。

私は私で、たかが擦り傷で病院に連れてくるとは大げさな、過保護な親だと笑われないかと内心ドキドキしていた。
でも、実際に診察してもらうと、そんなことは全くなくて、「打ったり切ったりしたことで痛んでいるんじゃなくて、何らかの菌に感染したんでしょう。一般的な菌に効く抗生剤を出しますが、すべての菌に効くわけではありません。明日は日曜日なのでうちは休診ですが、もし今日明日で悪化することがあれば月曜まで我慢せずに救急にかかってください」と言われた。

処方された抗生物質と痛み止めで、娘の膝は劇的に良くなった。数時間のうちに見てわかるほど腫れが引き、本人も「あ、普通に歩ける~」と喜んでいる。夕方からのヤマハには普通に行けたし、更に翌日曜日のオペラでも走り回っていた。
抗生物質すげー。
スポンサーサイト

No title

ホント
すげー\(◎o◎)/!

ウチの夫が欲しがるんだな、抗生物質(-_-;)
舌癌治療の後遺症で
口の中ががたがたなのよ…(-_-;)
そこらへんの薬局で売ってくれんかな…
ってムリやってば(^^;)

で、
口腔外科に行けと言えば
「薬出してくれんからイイ」とのたまふ…
まー聞くだけ聞いたろ…
ってなスタンス(-_-;)
私も元気になったもんだねー(^^;)

>みなみんさん

抗生物質って使い続けていると効かなくなるイメージもあって、できれば使いたくないのですが、適合すると確かに効果はあるんですよねぇ。
娘、今日学校に薬を持っていかせたら、学校に置き忘れてきた、だって…(--メ)
というわけで夕食後の服薬ができなかったんですが、早速また具合が悪いと言いだしました。これって薬の効き目が薄れたってことなのかしら…。

ご主人、後遺症があるんですね。
辛さを訴えても、口腔外科では処方してもらえないんですか?なんかそれは病院側が怠慢な気がします…。
一部の抗生物質は普通の薬局でも扱っていることがあるので、薬剤師さんのいる薬局なら相談にのってくれるかもしれません。
Secre


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【舌は震えずに済んだ】

学校の宿泊行事から元気に帰ってきた……はずの娘、金曜日になって不調。金曜の夕方、児童館からケータイで電話をかけてきた。公文に行く日は「児童館を出た」「公文に着いた」「公...

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。