07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子ってめんどくさい

来月、一泊する学校行事があって、それの班分けをしたそうだ。
娘の学年は女子が少なく、クラスの女子は10人程度しかいない。それを2つに分けるだけの話。分けたところで、班によって何が違うって部屋割りと食事のときのテーブルぐらいなもので、同じ日に同じバスで同じ場所に行き同じ作業をする。
それがモメたんだそうだ。3日も。

くっだらねぇ。

でも、それは大人目線だからであって、私もその年頃にはそれが死活問題だったのかもしれないわよね、コドモの目線で考えてあげなくちゃ!!と思って、思い出そうとしても、まったく記憶になくて困る。

ところで、3日もモメた、という話は娘から聞いたのではなく、娘の同級生の親から聞いたのだ。別件で問い合わせがあったついでに、「そういえば女子は今もめてて大変みたいだよね~」と。

私ゃ何一つ聞いてなかったので、初耳だというと「ピヨリちゃんはニュートラルだから、そういうのに巻き込まれないのかな~。うちのコは大騒ぎしているよ」と言われた。

電話を切った後、娘に聞くとキョトンとしている。しばらくの沈黙の後、思い出したように「あー、班分けってあのことか。全然揉めてないよ?てかもう終わっている話だと思ってたけど、違うのかな~?」。

ニュートラルというか、大丈夫かこの人。女子ってそういうの敏感なもんじゃないの?と自分の性格を棚に上げて不安になっていると、娘はいそいそと紙を出して、人物相関図を書きながら説明をし始めた。

「だからね~、Aちゃんグループと~、Bちゃんグループがあってね~。ウチはBちゃんのほうなんだけど。

先生が、まずは適当に分かれてみてーって言ったからぁ、BちゃんとNちゃんとウチでくっついてね、Aちゃんたちもこのメンバーで5人集まってね、残りが、この2人じゃん?Aちゃんたちはもう5人グループができてるから、この2人はウチらのほうになるでしょ。でもね、この2人は、んー、嫌われてるとかじゃないんだけどさ、ちょっと違うっていうか。

でね、Aちゃんが『じゃ、これでいいよね!』って言った時に先生が『決まったら席に着いて』って言ったんで、時間がないっていうか?慌てた感じになっちゃったから、Bちゃんも『う、うん…』って感じで、いったんはそれに決まったってことになったのね。

でも、後になって、『これだとAちゃんたちは100パーセント自分たちの意見が通っているけど、私たちはあの2人を入れたかったわけじゃないから、なんだかずるい』ってBちゃんとNちゃんが言い出したの。そしたらAちゃんも『言いたいことあるならはっきり言って』って言ったの。あ、別に怒ってるとかじゃないよ?それで、Bちゃんも『Aちゃんグループの中に、こっちのグループに来てほしい人がいたのに、Aちゃんがこれで良いよね!ってさっさと決めちゃったのがいやだった』って正直に言ったの。

で、Aちゃんが『誰が欲しいの?』って聞いて、Bちゃんが『YちゃんとSちゃん』って言って、YちゃんとSちゃんにどっちのグループに入りたいか聞いたら、2人とも『どっちのグループでもいいけど、YとSは2人一緒がいい』って言ったの。で、Aちゃんが『それなら、YとSはあげるけど、だったらこっちだって、ピヨリとNちゃん欲しい。交換してよ』って。で、うちとNも『どっちのグループでもいいけど、できればBちゃんと3人一緒がいい』って言ったのね。

そしたら先生が、うちらがまだゴチャゴチャやってることに気がついて、『秋にもあるから、それも考えに入れて。今回はこうするけど、秋はまたメンバーチェンジするとかさ』って言ったから、なんとなくああそうかって雰囲気になってね、じゃあ今回はこのままでいいことにして、秋はBちゃん意見を優先しようって話になったんだけどさ、またここでAちゃんが『それなら、今回はBちゃんの意見を聞くよ。秋はこっちの意見にして』って言ったのよ。なんでかっていうと、秋は2泊だから。秋のほうが長い時間なわけよ。Aちゃん頭いいからさ、こういうのすぐ考えついちゃうんだ。それでBちゃんが、どーでもいいやって感じになって、『もういいよ、春も秋もAちゃんが決めて!』って言って、Aちゃんが『えっ、いいの。ありがと~』って言って、話は終わったんだよ。…って思ってたんだけど、違うの?」


こっちから質問したことではあるけれども、聞けば聞いたで
MAXめんどくせー。
と思ってしまったワガママな母を許してください>娘。

とりあえず、娘が空気を読めてない(状況を理解できない)わけでもなく、クラス内で孤立しているわけでもないことはわかったので、それを収穫と言うべきか。娘、いちおう話の中に出てくる割には、蚊帳の外っぽいのが気になるちゃ気になるけど、この面倒なゴチャゴチャを「終わった話」として自己完結できる能力は今後何かと役に立つと思われ。
スポンサーサイト

No title

娘ちゃんが、空気の読める子で、良かったです。女子って、ホントに面倒くさい事多いよね~。

うちの長女だったら、確実に省かれる人に決定!ですよね~。しかも、他の子が欲しい・・・なんて話の内容だけは、要するに・・・って気づいちゃって、その場で爆切れ!なんて事態になるかも・・・。
そうなったら、修羅場ですね・・・。(汗)

昔から女子の集団が何より苦手だった長女なので、今の男9割の環境は結構快適で気に入っているようですよ~。今日も、大学で仲良くなった男子と都内にお出かけしています。


前記事の夢吉さんとのコメント、くすっとしながら読ませて頂きました。
そういえば、私も自分が悪いの?なんて思ったこと、殆どないや。
かなり新婚の頃から、「私はマトモにやっているのに、相手が酷い。」という認識は、割と強かったかも。だから、自分は自分、夫は夫と割り切る事ができたのかもね。
しかし、娘にも濃厚に遺伝していたことのほうが、割と深刻な事でした。夫は基本他人だから、いざとなったら縁を切る事が出来るけど、わが子には、そうは行かないですものね~。

そういう点で、夫は放っておいても、わが子に対しての責任は背負う覚悟が強くなるんでしょうね~。でも、頼れない夫を抱えつつ、子ども2人を育てていくのって、結構大変なんですよね~。(下の子が、自立してくれる子で助かったです。下の子には申し訳ないことだけど・・・。)

最近、学校の書類やら、申請しようと思っている奨学金の書類などの保証人とか保護者の欄に夫の名前を書くのが抵抗あって・・・。
この人に保護者が務まるのか?動いているのって私だけじゃないね~なんて思ってしまいます。まあ、奨学金の保証人は、夫になってもらわないと、荷が重いですけどね。

>フランさん

この面倒問題、今日に至るまでひきずっています。
今日の日記に上げようかなと思いつつ、書くのも面倒でw

男子9割という環境が、長女さんにとっては快適。快適な居場所があれば、それが一番ですよね。

自分が悪いの?……は、私もほとんど思ったことないです。ええ、要領がよく甘ったれの末っ子気質ですもの、相手が私に合わせるのが正義です。(注:世の末っ子みんながこういう性格ではありません)

>夫は基本他人だから、いざとなったら縁を切る事が出来るけど、わが子には、そうは行かない
まったくその通りです。

保護者欄に書くとき。
微妙な気持ちになりますよねー。誰が保護してんねん、と思いますよぉ。

でも、他人の目に触れる文書の場合は、要らぬ好奇の目にさらされそうなので、無難に世帯主(=夫)を書いてます。緊急連絡先その他の実務的なものは私の名前って感じ。
保証人の名義は、(たとえ保証してもらえそうになくても)、やっぱり責任は持って欲しいから夫にすると思います。
でも、学資保険は私の名前に契約してあります。単に私のほうが夫より年下で利率が良かったからなんですけど、「あんたじゃ頼りないからだよ」と夫には言ってあります。
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。