08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整理できない

娘の習い事を整理したい。そんなことを言いつつ、早や数年。

現在ヤマハ(週1)、公文(週2)、オペラ(週1)、実験(月1)。これに通信教育(チャレンジ)。
オペラは秋の舞台を終えるまでの期間限定だから、まぁいいとして。
公文も学童なき後の居場所でもあるので、仕方ないとして。
チャレンジは惰性で続けているようなものだけれど、一応ためこむことなくやっているので続けるとして。

ヤマハは5月が年度替わりで、このままグループで持ち上がるとしたら、次のクラスは「アンサンブルクルーズ」というのになる。これもなんかもう、言っちゃなんだけど目的がよくわからないクラスなんだよね。

「ピアノ」を一所懸命やろうって子は早々に個人レッスンに移っているし、気合を入れて「エレクトーン」をやろうって子は専門コースに入っているし。「幼児科から続けてきちゃって、毎週ヤマハがあるのが当たり前になってて今更やめるのも変な感じするし~、お友達もいるしさ~」…そんなゆるい流れでここまで来ちゃいました、という雰囲気で。3~4歳からやっててこれですか?!みたいな曲しか弾けないし。うちのクラスだけかもしれんけど。
これもチャレンジ同様、限りなく惰性で、費用対効果としてはいまいち…。でもやめてしまうと、本当に「何の役にも立たなかった」という結果になる気がしてやめられない、というところ。100の経費をかけたのだから100の成果を求めてしまうけれど、実際には30ぐらいの効果しか感じられない。でも、やめたら完全に0になってしまうことを考えたら、たとえ30でも効果があるなら続けるべきなのか?という話。

まー、3人以上いないとグループが作れないので、今4人いるメンバーのうち、2人以上がアンサンブルクルーズに進まないと言い出したらクラス自体が成立しない。成立しちゃったら、たぶんこのまま続けるんだろうなぁ。と、つい他人事のように。

実験教室は整理対象の筆頭だったのだけれど、意外にも娘が「5年生もやるに決まってるじゃん。実験楽しくなってきた」と言い出したから、あら大変。学校でアルコールランプなど使い始めたら、みんなより扱いに慣れている自分がちょっと誇らしく思えたらしく。自己肯定感低めの娘なので、そんな風に言われるとやらせてあげたいと思ってしまう。


そんなこんなで、結局どれも切れない。
みなさん公文から進学塾に切り替えたりしているってーのに、我が家だけゆとり乙な感じ。経済的にはちっともゆとりないのに。

しかも、内緒だけど、ちょっと気になる先生がいてね、体験を申し込むかどうか悩んでいるの。費用的には、ついうっかり箱買いしているワインを買うのをやめればなんとかなるかしら、って感じなの。てへぺろー。←使い方間違ってる

ええええー!!減らすどころかここに来て増やす気かオレ!!正気じゃないぜ!
スポンサーサイト

No title

Cakeさん、この頃、また文がさえまくってますね。

この記事も、次の「しりしり」の記事も、とてもナイスです。

本題に戻りますが、「公文」は、中学受験されない子には、最適な学習空間なのではないでしょうか?塾に移る子は、私立中受験組だけでしょう。公立いく気の子が公文から塾にかえるのは、小6の2月くらいです。ちょっと先取りの3月開始コースってやつ!?

公文やっているなら、チャレンジはなくても良いようにも思うけど、やれているなら、勉強習慣をつける意味でも、やはり継続ですかね。

ヤマハは、個人レッスンに変える気はないのでしょうか?
でも、グループで音楽を楽しむ姿勢ってのも、素敵だな・・・って思います。そのまま中学では、吹奏楽とか・・・。

いつもながら、Cakeさんの娘ちゃんのお稽古事への情熱には、感動します。私は面倒くさくて、あれこれやらしてあげる気にならなくて・・・。完全に自己中な母です(汗)

昔、ピアノを習っている長女が、「歌」を習いたいといった時も、「二つは負担が大きすぎるからダメ。どちらか一つにしなさい。」と言って、歌を諦めさせた鬼母です。

>フランさん

フランさん、いつもコメントありがとうございます。

うちの小学校、中受率が半数越えなので、4年から進学塾、というのは結構「普通」なんですよね…。
「受けるかどうかはわからないけど、本人が受けたいと言うなら受けさせるわ」という人も「間に合わなくなってからでは困るので、とりあえず塾には入れておく」という感じで、3・4年から塾通いでも特別視はされません。まぁ、学区が経済水準も学力水準も高い地域なのでそんなものなのかも。貧困家庭の我が家はそのへんはあまり考えないように努めています(苦笑)

私自身、公文は未就学の頃から始めるイメージが強くて、高学年から始めるなんてイレギュラーだよなー、開始時期がこんなに遅くては意味ないかもなー、と思いつつ始めたのですが、案外本人には合っているみたいだし、娘の性格ならタイミング的にもこれでよかったと今は思います。なので続行。

チャレンジはホント微妙です。公文が英語と算数なので、その他の科目(国・理・社)のフォローの意味はあるし、それなりに効果はあるとは思うのですが、いかんせん漫画的な装飾が多くて「実」が薄い気がしてなりません。でも、装飾部分があるから続いているのも事実でして。私も昔チャレンジの読み物コーナーで文通相手見つけたし(今は文通コーナーないけど)、赤ペン出すとシールもらえて、プレゼントと交換できたり…そういう「勉強以外」が楽しいから続けられる、というのは理解できるので…難しいですね。

ヤマハの個人レッスンは何度も考えましたよー!!
でも、併用は経済的に厳しいので、グループか個人か、二者択一になってしまう。それを言うと、娘は「このグループならヤマハ続ける(=個人や、他のグループに入るならやめる)」と言うんですよね。うち以外の子もそういうことは言うみたいで。全員学校も違うし、個人的な付き合いをすることは全くないのに、不思議なつながりです。
考えてみたら、個人で楽器を習うのはいつでもできるけど、アンサンブルを楽しむ環境って限られているので、そういう気持ちは大切にしたいかな、と思ってしまいます。甘いかもですが。

長女さん、「歌」を習いたい…んですね。今もそういう気持ちはあるのかな?
もう少し近かったら、娘のオペラ団を紹介したい気持ちでいっぱいです。娘が出る予定の舞台は小学生~大学生までがメインの舞台なので、長女さんも充分出演資格があるのです!! ただ、高校生以上となると、おそらくお稽古も小学生のようなぬるさではないと思うし、音大生など専門教育を受けてきた子と一緒のレッスンとなり、さらに上演一ヶ月前ぐらいからは週の半分以上、都内に通う必要が出てくるので厳しいかと思い…。もし興味があったらメールくださいね(^^)

んでもってドサクサにまぎれて書いちゃうと、「気になる先生」というのは個人レッスンのピアノの先生で、でも専門は「歌」の先生でして。その先生に師事したら、ピアノと歌、両方習えるかな~などと夢見ているところなのです。

どうもフランさんにはついつい長文コメントしちゃいますね。今回も長くなってしまいました~。

No title

再度のコメント失礼します。

娘さんのオペラ団のお話、素敵ですよね~。私ももう少しお近くだったら、是非是非♪と思うのですが、何しろ体力のないわが娘の事。大学選びのポイントだって「自宅から近いこと」が重要なんですから、都内までのレッスンはもう・・・とても・・・。

こういう体力のなさが、色々な可能性を狭めてしまっているのだろうな・・・と思いますが、それもこれも全部ひっくるめてわが娘なので、致し方ないですね。

歌の方は、独学で楽しくやっています。つい先日も、卒業生を送る会で、クラスメイトのピアノ伴奏で、独唱で3曲、披露したそうです。
風邪&喘息で調子も悪い時だったので、無理だろうと思っていたのですが、何とかそれなりに歌いきり、先生方からもその歌声に驚きのコメントを頂いたり・・・とかなり反応があったようです。

私も娘の独唱舞台を、見たかったなぁ~と残念!

今の学校に入ってからは、元々人数の少ないこともあり、一年の文化祭でも、4人で合唱発表をして、娘の本格的な歌いっぷりに先生方や生徒さん達から、驚きの声が寄せられたり・・・と、娘の自己評価を上げるのに良い環境だったなぁ~と思います。

卒業後は、そういった発表の機会に恵まれるかどうかわかりませんが、本人にその気があれば、きっと何かしらの機会を見つけてやっていくのではないかと、多少の期待は持っています。

まずは、大学で、落ちこぼれないように、なじんでいけるように・・・というのが、最優先課題ですけどね。

娘ちゃんのオペラ発表会も、とっても楽しみですね♪

>フランさん

長女さん、本当に歌が好きなんですね~。独学で本格的と称賛されるレベルになるのはすごいと思います!
今の世の中なら、youtubeで配信してみるなんてことも可能ですよね。
先日もyoutubeでレディーガガの曲を披露した11歳の女の子がいて、動画がガガ本人の目に留まり、プロデビューしたとか。(Maria Aragonで検索するとその動画が見られると思います)

オペラは楽しみだけれど、うちの娘に本当にできるのかぁ~?と半信半疑です。
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。