10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬の箱根

土日、箱根に夫と娘を連れて行ってきた。

土曜日はポーラ美術館ガラスの森美術館のはしご。

ポーラ美術館の企画展はレオナール・フジタ展。この企画展最終日前日の土曜日ということもあるのか、少し雪がチラつく中でもなかなかの盛況だ。同美術館はフジタの作品において日本最多の収蔵数を誇るそうで、今回はその全ての収蔵作品を公開しているとのこと。小品も多いとはいえ、172点まとめて見ると圧巻と言わざるを得ない。子どもを題材にした作品も多く、娘もまあまあ楽しんでいるように見えた。子どもにはフジタについて易しく解説してるパンフをくれて、大人の初心者にもわかりやすい。最近は子ども用パンフをくれる美術館が多くてありがたい。

ガラスの森では、ヴェネチアのカーニバルにならって、仮面祭を実施していた。仮面やマントを借りて、それを身に着けたまま館内・敷地内を歩いたり写真が撮れたり、というもの。目立つのが嫌いな娘は激しく嫌がっていたけれど、「親が仮装しててあなただけが普段着だったら却って目立つけどいいわけ~?」と無理強い。ええ、私はノリノリでした。
展示物は前回来た時とあまり変わっていなかったし、その前のポーラ美術館で鑑賞疲れしていたものだから、あまり熱心には見なかった。

その後は、寒風吹きすさぶ芦ノ湖海賊船に乗り、ホテルへ。温泉を堪能。数日前にアニメ版「テルマエロマエ」を見ていたので、もぐったら古代ローマに行けるんじゃないか?などとくだらない話を娘としながら露天風呂。

日曜日は朝風呂に入り、ゆっくりめにチェックアウト。

また海賊船、それからロープウエーで大涌谷の黒玉子、ケーブルカーは最前列の席で急こう配を楽しんだり、と、箱根に来るたびに使いまくっているフリーパスならではの観光。

入生田の地球博物館に行き、夕方、徒歩で鰻の名店「友栄」に移動し、早めの夕食。半端な時間帯なのにひっきりなしにお客さんが来る。鰻重は過去に食べたどの鰻より美味でございました。肝も酒飲みにはたまらない美味しさでございました。

箱根湯本17:48発のロマンスカーで帰京。

1泊2日の小旅行はあっという間に終わりました。

今回の旅の一番の思い出を娘に聞くと「おまんじゅう」とのこと。
海賊船を待つ間に、売店で(形が崩れたとかラベルの印字ミス等の理由で)処分価格300円で買った「まんじゅう」12個入り。それを海賊船内で食べた娘が大変気に入り、「美味しい美味しい」と一気に6個食べた。小ぶりとはいえ。6個。あっという間に半分減ったそれを見て、「これ、もうないの?10袋まとめ買いしてきて!!」とまで言われた時には既に船の中だったし、そもそも処分品で正しいパッケージシールもなく、正式な名称もわからない。とりあえず生産者シールを見たら静岡は沼津で作られたもので、箱根銘菓でもなかった。それを言うと「静岡県、神!」と謎の静岡アゲ。

夏の旅行でも海より何より「卓球」だの「かっぱ巻き」だのと答えていた娘

箱根の思い出は「沼津のまんじゅう」。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。