10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルの子は…

金曜の夜、公文に迎えに行ったら、娘の友達母子と偶然出会った。偶然でもないけど。というのも、公文に入れようか考えているというので、無料体験のパンフとか渡した人で「近いうちに話を聞きに行く」と言っていたから。向こうはこれから行くところで、私たちは帰るところだったため、ちょっとした立ち話で解散。オペラも一緒に行き始めた子なので、どうせまたすぐ日曜日に会うし~、てな感じ。




土曜日。娘はサイエンス倶楽部。通常は1人で行って帰ってくるのだけれど、この日は終了後に歯医者に直行しなければならなかったので、迎えに行った。サイエンス倶楽部は最後に簡単な保護者向けの解説があるのだが、アジの解剖をしてきたというその日の教室はさすがに生臭かった。娘は解剖がとても楽しかったようで、冬休み中に実施される特別実験も是非やりたいと言っていた。今まで電気も磁石も支点力点作用点も植物も金属も興味を持たずにいた娘が、初めて興味を持った科学分野は「解剖」ですか。グロの血は争えないと言うか、グロの子はグロというか。いやだそんな遺伝。

解剖後のアジは塩焼きにして食べたのか、と冗談半分に言ったら「先生の大学時代、実験の後で解剖したアジを食べた友達がいて、その人は食中毒を起こしました。みなさんは食べないように」という話をされたという。この場合、それは生で食べたからじゃないの?火を通せば…とか言ってはいけないのだろうな。

歯医者は、いよいよ出っ歯が激しくなり、すきっ歯気味になってきた娘の行く末が心配で。これはもう、ついに矯正するしかないのではないか?と思って連れて行った。あと、娘自身が歯茎の一部が痛いと数日前から時々言うものだから。

診てもらうと、歯茎のほうは、乳歯の下から永久歯が押し上げている間にばい菌が入って炎症を起こしているとのこと。そこを掃除してもらって様子見ということになった。そして、私としてはメインの悩みである「歯並び」のことを相談すると、「理想的な状態ですよ」と言われた。

今の子は顎が小さいことが多く、歯が生えそろうスペースがないために逆咬合になったりいわゆる乱杭歯になったりする。そういう場合は早めに矯正を開始したほうがいいのだけれど、ピヨリちゃんは顎がしっかりあって、すきっ歯に見えるのは永久歯のスペースが充分にあるということ。全部が永久歯になったら隙間はなくなると思うし、もし曲がって生えてきて治すにしても生えそろってからの矯正で行ったほうがいいパターン。

…だそうだ。なーんだそっかー、よかったー、と安心する一方で、それは一言でいうと「口がデカイ」ということなのだな~と思う。

「口がデカイ」というのは、実は私がピヨリを生んだ時の第一印象だ。赤ちゃんといったら、ツンとしたおちょぼ口を想像していた私が、初めて娘を見た時、その口の大きさに驚いた。一瞬、もしかして小さく生まれて、プクプクしたところがないために相対的にそう見えるのか?と思ったけれど、予定日より2週間早く出したくせして標準体重より大きくて、ちゃんとプクプクしていた。
その後もすくすくと成長し、今でもやっぱり口がデカイ。今回歯医者さんに指摘され、医学的にも認定されたことになる。

その後はヤマハ。
今週はなんとなく練習させたので(でも平気で一日10分とかで済ませやがる)、なんとなくこなしてきたようだ。グレード試験対策も始まった。レッスン時に試験対策をしないグループもあるみたいだけれど、娘のグループはしっかり問題集も買わされて、対策を受ける。何故なら誰も自発的に対策練習をしないからだ。賑やかで仲の良いグループだが、発表会など見ると正直レベル低いんだと思う。だから適当な練習でも「なんとなく」こなせた気がしちゃうんだよな。まぁ、このゆるさだから続けられているのかもしれないけど。

忙しい土曜日でした。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。