06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷ついてないけど?

金土の用件もなんとかこなし、さぁ寝るか、という段になって、ちょっとしたことをきっかけに娘を叱ってしまい、そこから芋づる式にいろいろと思い出して怒り続けていた(女脳にありがちな「過去のこともまで持ち出して思い出し怒りする」というアレ)。

結局気まずい雰囲気で就寝。
冷静になると、私もちょいと怒りすぎたかなぁ、と反省と後悔の念で悶々とし、なかなか寝付けなかった。

今朝、「昨日はごめん」と謝ってみた。

すると、娘は「何が?」と言う。
「いや、あの。怒りすぎたかな?って思って」と
「何か怒られたっけ?」
「…昨日の、寝る前にさ。ほら。あのことで」
「……(遠い目)。ああ、あれか。うん。別に。いつもあのぐらい怒られてるし。傷ついてないけど?」

それなら良かった…けど、なんか腑に落ちないな。ここまで気にされていないと、「ちったぁ傷つけや!」と言う気がしてくる。私が「いつもあのぐらい怒る」せいで、叱責の重みが軽くなってしまったのかしら。それならば、私も叱り方・叱る頻度、というものを考え直さないといけないねぇ。

それとも娘が人一倍打たれ強いのか? 気持ちの切り替えが上手? いや、やっぱり単なるバ(ry
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。