10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澤兄貴、かぐや、はやぶさ

澤兄貴の背中がかっこよすぎるな。兄貴ついていくぜ。

澤選手

某所で、「なでしこJAPANのキャプテン、沢がナウシカ状態」という記事を見た。まさに。



その者、青き衣を纏いて 金色の野に降り立つべし
sawa.jpg




ちなみに2枚めの画像、よく見ると国旗の右側に高橋陽一先生の描いた「キャプ翼」のイラストが入っている。高橋先生の画力(?)はゆるぎないな…。

サッカーは男女ともにまったく1ミリも興味がないのだけれど、久々の明るいビッグニュースたいへんに嬉しい。

そんななでしこさんたちが大活躍した昨日、「かぐや」を見に行った。

宇宙から見た日本最古の物語-かぐや-
日本舞踊協会主催 第3回 新作公演~ 舞踊(アート)と科学(サイエンス)のコラボレーション~ 


という触れ込みだが、それがいったいなんなのかサッパリわからないまま半蔵門の国立劇場へ。
あ、これが例の21倍の抽選であたった招待券。

劇場には和服姿のご婦人がたくさん。日舞関係からの観客と思われる。子どもの姿がほとんど見られない中、娘は決まり悪そうにしている。こども料金の設定のない、一律6,500円の席。しかも前から8列目のほぼ中央。そこに小学生がいると、逆にどこぞの宗家の跡継ぎとなるお嬢様かという感じ。すみません、日舞にも伝統芸能にもほとんど興味のないヤツで。

ステージには大きな幕。その全面に竹林がプロジェクターで映し出されている。
月、宇宙空間と映像は変わる。
やがてその幕が開くと、たくさんの踊り手さんがうごめいている。衣装は全員、白い、狂言師が着るような和服(なんというの?)。渋谷のスクランブル交差点のような雑踏か。携帯で話すような仕草をしたり、写メを取るようなポーズをしたり。
そこから群舞が始まる。

場面転換すると、竹やぶで幼子を見つける竹取の翁。ここからは竹取物語の世界。
三味線、琴、尺八、シンセ、バイオリン…。和風の旋律に西洋楽器。または西洋の旋律に和楽器。そこに長唄。セリフ回しは歌舞伎?なのかな。なんとも説明しがたいのだけれど。
日舞といっても、ゆーっくりとした舞踊はほとんどなく、特に群舞はアップテンポが多く、中にはラップ調の曲もあり、飽きさせない。しかし終盤、かぐや姫と帝の和歌のやりとりのあたりになるとスローテンポになり、娘は少々つまらなく感じた様子だった。

日舞の方々だからだろうか、アップテンポな曲でも下半身が強い。基本、中腰で重心が下のほうにある。そのままのけぞったりもする。あれ、辛いだろうな。

かぐや役の人は本当にきれいで、全盛期の山口小夜子みたいだった。宇野亜喜良によるコケティッシュなイラストがポスターやパンフになっているのだけれど、そのイメージにぴったり。メイクの力かと思ったけど、好奇心で画像検索してみたらそうでもない。元から美女でいらっしゃる。むしろ元の顔のほうが派手めの美女。画像確認したい方はこちらを→こんな方でした。私が見たのは花柳和あやきさんのほうですが、もうお一方もおきれいですね。かぐやメイク、うっかりするとプリンセステンコーになりそうだけど、山口小夜子なところが素敵。

「かぐや」の後、ゲストトークがあるという。JAXA宇宙航空研究開発機構の曽根理嗣先生。
内容はツイートしたり携帯で録音したりしちゃダメ!ってことなのでブログもそれにならって詳細は書かないけど(てか、トークと映像がないと伝えられない…)、とてもとても(先生もよくこの「とてもとても」という言い回しを使っていらした)、感銘を受けた。
7年の時を経てイトカワから戻ってきた「はやぶさ」の話がメインだった。はやぶさが最後に撮った地球の写真は何度見ても泣ける。今回はそれがプロジェクターいっぱいに映し出されたのを見て、また泣きそうになった。
曽根先生はオーストラリアに投下されたカプセルの採取に行かれ、はやぶさの、本当に最期の最期の姿を間近に見てきた方。講演中、はやぶさのことをずっと「彼」と呼んでいらした。

hayabusa.jpg

下のほうがグレーになっているのは、もはやはやぶさにデータを通信する機能がなくなったことを意味する。はやぶさは、この画像を送った30分後には大気圏に突入し、燃え尽きたのだった。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。