08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改札と定期

通勤定期が一昨日までで切れていたのが今日発覚。チャージの残高がやたら減るのでおかしいなとは思っていたんだけど。そこまで気付いていながら何故期限切れだと思わなかったのかというと、娘のは半年定期で購入しており、10月まで使える状態で私もそれに合わせて購入していた気持ちになっていたからだ(実際は私のは3カ月定期だったわけだ)。小学生の通学定期というのはちょっと面倒で、年度をまたぐときは、校長発行の通学証明書を持参して窓口に行かないと買えない。機械でピッピッと継続できる私の定期とは違う。だもんで、娘の期限は印象深く記憶に残るが、自分の期限は覚えられない。それでも今時の自動改札は「もうすぐ期限ですよ!」ってちゃんと表示してくれるのにね。思い込みって怖いわ。

それにしても、定期が切れた後の、昨日の往復と今日の往路の3回分の運賃。額は600円程度の微々たるものだが、こういう600円ってとっても損した気がする。600円あったら「ちゃお」買ってお釣りが出るよ!牛丼だって2回食べられるよ!発泡酒が3缶買えるよ!あー、損した損した。

と書きながら思いついたこと。

昔、何かで作文だか小論文だかを書く際に、「改札」ではなく「改札口」、「定期」ではなく「定期(乗車)券」と書くように、と誰かに指導された記憶がある。
改札とは切符にハサミを入れたり確認をする「行為」を指しているのであり、通常私たちが口頭で「カイサツで待ち合わせね」と言っているあれは「改札口」であって「改札」ではない。野口五郎がきみを待っていたのは改札口であって改札ではない。
そして定期は期限があらかじめ定まっていることを指す語であり、「昨日駅でテーキ落としちゃってさ」と言うときのそれは「定期乗車券」である。銀行で「テーキ」と言えば違う商品を指すことからもわかる。

口頭ならいざ知らず、ひとたび文字に残すのであれば、誤解を生まないように正しい表記をせよ、という話だ。ちなみに野口五郎のくだりは私がいま勝手にくっつけただけで、その指摘を受けた時にそう言われたものではない。

娘はスイカ、パスモ等の鉄道系ICカード全般を「テーキ」と呼ぶ。娘や私が持っているのは確かに「定期乗車券」なのだが、たとえば電車通学でないお友達と一緒にお出かけするときに、その子が「私も自分用のスイカ持ってるんだよぉ」と発言すると、「○○ちゃんもテーキ持っているんだね」などと反応するので、それは違うと指摘する。あれは見た目は同じだけれど、テーキではない。もっと言うと、定期券の範囲外で利用する時には私たちのそれも「テーキ」ではないとも言える。

そんなことをネチネチ説明すると娘は混乱して目を白黒させて、まぁ実際ややこしい話だろうなとは思うのだが、一方ではもうすでに4年もテーキを使っているのだから、いい加減仕組みを理解しろよとも思う。

改札は、駅構内の表示を見ると確かに「改札口はこちら」という風に書いてある。でも、エレベーターなどでは「改札階」とあり「改札口階」というのはあまり見ない。口頭でも聞かない。それは「改札口」という場所の特定ではなくて、改札をするフロア、だからそれでいいのだろうか。あと、自動改札も「自動改札口」とは言わないよね。強いて言うなら、あの機械のことを「自動改札機」と言うかもしれないけれど、それはまたニュアンスが変わる。
やはり駅員が立っていて、紙の切符にハサミを入れるような、あの空間がないと「口」っぽくないというか。

その昔は、春先になると鉄道学校を出たてという風情の、若い子がおぼつかない手つきでハサミを入れていたりして。でも通勤に急ぐおじさんたちはその子を敬遠して、ベテラン風の駅員の立つ、素早く人が流れる改札口を選んで通り抜けて行く。ある年、ちょっとハンサムな(イケメンとは言いたくない)若い子がいたことがあり、毎朝わざわざその子を選んで改札してもらったものだ。研修期間か何かだけだったみたいで、2週間ぐらいで見なくなったけれど。昭和な思い出。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。