10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイプラネタリウム Ⅱ ~星に、願いを~

先週末(金・土)が学校公開だったため、土曜日の振替として本日は学校がお休み。
学童は営業しているので朝から預けても可。でもオイラは休みを取り、ついでに夫までもが休みを取り、六本木へ。

目当てはANA presents 「スカイプラネタリウム Ⅱ ~星に、願いを~」




前々から見てみたいとは思っていたのだけど、一般¥1,800というお値段にビビッて行けず。中野ZEROのプラネタリウムだったら大人200円ですよ。ちなみに私が子どもの頃は、中野ZEROは「中野公会堂」という名で、プラネタリウムは大人50円、子ども20円という当時ですら破格の安さで、ケチな父親が唯一嬉々として連れて行ってくれた思い出の場所です。


さて、それで六本木のスカイプラネタリウムの話。こちらはもともと期間限定で、いよいよ公開期限の26日に迫り、数日前にクーポンサイトで半額チケットが出た。半額ならまぁいいかと購入。大人用ペアチケットだから夫も誘ってやった(娘の分は現地で小人チケット800円を正規購入)。娘の友達親子を誘おうかなと思ったけど、元はと言えば「私が」好きで見たいと思っていたプラネタリウム。私は私のペースで、私の好きなように見たいけど、「よそんち」が同行だとそうは行かない。娘もプラネタリウムより友達とワーキャーやるほうが楽しくなっちゃいそうだし。

午前中は夫が免許更新に行き、娘は進研ゼミをやり、私は家族や教育系の掲示板を徘徊してみたり。
夫の帰宅を待って、11時頃ゆるゆる出発。
ヒルズに着いて、まずは昼食。ランチタイムど真ん中で、平日だから近隣会社員で込んでいるんじゃないかと思ったけど、半分以上空いていた。行ったのは香港茶楼ヒルズにしてはリーズナブル。量が少ないといった口コミも見たけど、夫の頼んだサンラータン麺も、私の頼んだ汁なし坦々麺も、娘の青椒肉絲セットも、それなりなボリュームがあった。味は至って普通。うまからずまずからず。娘の青椒肉絲セットについていたスープが一番美味しかった。ベビーカー親子数組の団体客が来ていて、まぁそういう感じの客には便利の良さそうな店だ。帰りがけの13時台のほうが満席だったのが不思議。観光客が多いのかしら。

それから森タワーの展望台に上り、娘のチケットを買い、まずは森美術館の展示へ(お楽しみは後に残すタイプ)。
フレンチ・ウィンドウ展では、デュシャンの瓶掛けが激しくデジャブ。シュルレアリスム展で見たのと同じ。作品が複数個あるのか(なんたってレディメイド作品だから、ないとは言えないのではないかと)、それともギロッポン界隈でうろついているのか。
全く期待しないで、せっかく共通チケットで観られるのだからという貧乏人根性だけで観た展示だが、意外と良かった。地球の反対側に位置する二点の航空写真を表裏にプリントした作品とか。黒人を髣髴とさせるように変容を遂げたミシュランのマークとか。

ところで、現代アートを扱うミュージアムショップに村上隆があると萎える。奈良美智はOKなんだけど。あとMoMAのスカイアンブレラとか、アニマルラバーバンドが置いてあるのはご愛嬌だし。でも村上隆はイヤ。ってオレ何様だよ。今日のギロッポンのミュージアムショップでは草間彌生グッズが推されていて、それはちょっと私の中でアリかナシか脳内価値判断に困ってみた。ときに草間さんの場合はアウトサイダーアートなんでせうか。


さてと、ようやくプラネタリウム。
入ってすぐ、5分ほどの映像を見る。それからウォークスルー型のプラネタリウム。映像を平面(あるいはドーム面)に投影するのではなく、実際に立体的に星が配置されているので、リアルな奥行きが感じられる。
その次はまた映像。すごいスピードで地球から太陽系へ、そして天の川銀河を超えたさらに外側へ…と飛ばされていく。最後はスーパープラネタリウム「メガスター」の部屋へ。

最後の部屋がメインだと思うのだけれど、意外と狭くてあっけない。次のコーナーは…と足を踏み出すと「出口」と書いてあって、ちょっと肩透かし。うーん、面白かったし、娘も喜んでみていたけど、正規の値段で観るのはどうかなと思うお値段。今回の半額で見て「まあ、このぐらいなら妥当」と思ったほどで。

場所柄、おそらく週末の夕方以降などのほうがカップル客などで賑わうだろう。そして、そういった人たちは、今日の私たちのようにスルスルと見ることなく、行列して、混雑の中で否が応でもゆっくりと鑑賞することになり、そのほうがありがたみがあるかもね。「うわぁすごい人だね」とか言いながら、暗闇の中、手をつないで見たりなんかしてさっ。けっ。

とか文句言いながら簡易型ホームプラネタリウムキット買っちゃった。えへへ。すごくチャチいやつで、2,100円。

まともなホームプラネタリウムは10倍の値段なので、チャチいことは承知の上だったけど、帰宅して早速試してみたら…期待を裏切らないチャチさ。今、これ書くためにググッたらアマゾンのレビューもひどいもんだった。やっちゃいましたね。
どうやら大人の科学マガジンのピンホールタイプのほうがずっと良いようだ。これも会場で売っていて、悩んだんだけどさ~。あーあ。


美術館にウォークスルーのプラネタリウム、さらにヒルズ内で迷子になったりで足が疲れ、帰りがけにコールド・ストーン・クリーマリーでアイス食べてきた(これまた高いから、3人だけど一番ちっさいやつを2つ)。行列店として有名らしいけど、さすがに月曜日の16時は数人程度。スーツ姿のオッサン2人組とかが普通に食べているのが愛らしい。リクエストすると歌いながらアイスを作ってくれるとかで、せっかくなので、おねーさんに歌ってもらった。ハイ・ホーだった。突然歌いだす店員さんに、娘は喜ぶより驚愕していた。おねーさんありがとう。

そんな感じで、アートしたり科学したりグルメしたりした1日でしたことよ。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。